初期のカーナビはルートを教えてくれないって知ってましたか?

carrozzeriaはカーナビやカーオーディオのブランドですが、クルマを使う楽しみで大きな要素を占めるのはドライブ。そのドライブをより楽しくなるようにどんなことができるのか、考え合ったり検証したりするネット上の仮想の研究所「carrozzeria CYBER DRIVE LAB」がリアルになってミーティングを行いました。

cyber drive lab

舞台は電気とオタクの街、秋葉原。ここにより良いカーナビ、カーオーディオのヘビーユーザーである「研究員」(つまり、主にcarrozzeriaユーザー)が集い、識者のトークショーやデモカー試乗、最新モデルの体験、歴代モデルの展示、カーオーディオの楽しみ講座など、様々なメニューで参加者を楽しませていました。

中でも個人的に懐かしかったのが初代カーGPS「AVIC-1」。まるで映画や漫画や小説の中に出てくるような、「地図上を自分の位置が走る」という今では当たり前のことが当時画期的で感動しましたね。

cyber drive lab_12 cyber drive lab_17

当時は、ルートの探索も案内も無く、ルートは自分で曲がるポイントを入力していくという機能だったのです。

カーナビというより、単なる電子地図の時代でしたね。

cyber drive lab_18 cyber drive lab_20

そのころの地図データなどはCD-ROMに収録されていましたが大容量のため、なんと4枚に別れていました。

その後、ルート探索、音声案内などの機能が加わり、DVDの登場で地図データは1枚に収まります。

cyber drive lab_23

それからHDDナビとなって、スマートループ、ARやHUDといった最新のものに進んでいくワケです。

たった20年で劇的な進化を遂げたカーナビですが、それを押し進めたのはカロッツェリアだったと言えるでしょう。まさに業界のパイオニアだったんですね。これからもきっと新たなカーナビはカロッツェリアから始まっていくことでしょう。

(小林和久)