BMW「4シリーズ・グランクーペ」画像ギャラリー ─ エレガントで使い勝手もよし

2ドアクーペ、カブリオレに続き、4ドアクーペの4シリーズ・グラン クーペが登場しました。2ドアクーペの全長4640×全幅1825×全高1375mmに対し、全長と全幅は同じながら全高は1395mmと20mm高くなり、ルーフラインは112mm延長されています。

BMW4_SERIES_gran_coupe_20そのルーフラインは、2ドアよりもピークの位置を12mm高くすることで、室内の頭上空間を拡大。ドアの追加による乗降性だけでなく、居住性も向上させているのもニュースです。

BMW4_SERIES_gran_coupe_16荷室スペースも2ドアよりも35L拡大されて480Lを確保。さらに、「40:20:40」の後席バックレストをすべて倒すと最大で1300Lまで拡大可能で、ファミリーユースでも使えそうな実用性を備えています。

BMW4_SERIES_gran_coupe_21 BMW4_SERIES_gran_coupe_20それにしても、セダンの3シリーズに加えて、3シリーズにはGTのグランツーリスモもあるのに、4シリーズの4ドアクーペも用意されるとなると、モデル選びに迷いそう。それだけバリエーションに富むボディフォルムを選べるのは、BMWファンにとってはうれしいのと同時に贅沢な悩みになりそうです。

【関連記事】
間違いない選択! BMW純正ホイールはWebでマッチングをチェック
https://clicccar.com/2014/05/29/256406/

BMW「4シリーズ・グラン クーペ」 BMWらしいスタイルと走り、高い環境性能を持ってデビュー
https://clicccar.com/2014/05/30/256860/

(塚田勝弘)