BMW M2次期型、電化されない最後の「M」モデルか!?

■新型はメキシコのサン・ルイス・ポトシ施設で生産か?

BMWは現在「2シリーズ」のハードコアモデル、新型「M2クーペ」を開発中です。現行型はドイツのライプツィヒ工場から北米、およびそのほかの世界市場へ出荷されていますが、新型ではメキシコのサン・ルイス・ポトシ施設で生産される可能性があるといいます。

BMW M2_001
BMW M2 次期型プロトタイプ

生産型のトランスミッションは、6速マニュアルと8速オートマチックの2つのオプションが予想されています。

これは、最新の「M3」や「M4」と同じもので、オプションの「M-Tuned xDrive」全輪駆動システムも初めて搭載され、悪天候時のトラクションをサポートします。

BMW M2_005
BMW M2 次期型プロトタイプ

パワートレインは、ツインターボチャージャーを備える3.0リットル直列6気筒エンジンで、最新情報では最高出力450psを発揮するといいます。おそらく、これがM部門が電動化を導入しない最後のモデルになると予想されます。

そのほか市販型オプションでは、車重を減らし、重心を下げ、ハンドリングを改善するカーボンファイバールーフ、ヘッドアップディスプレイ、「i4」のインフォテイメントシステム、加えて19インチ、および20インチの大径ホイールなども期待できるようです。

BMW M2_011
BMW M2 次期型プロトタイプ

新型M2のデビューは最速で2021年内で、2023年には460ps以上の出力を発揮する「M2コンペティション」、2024年には500psを発揮する「CS」や「CSL」も噂されています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?