アルミボディのジャガー「Fタイプ・クーペ」を世界初公開【東京モーターショー2013】

日本でのセールスが飛躍的に伸びているというジャガー・ランドローバー・ジャパンは、東京モーターショー2013において、それぞれのブランドでニューモデルを発表しています。

jaguar_rover_tms20136

 

まず、ジャガーでは「Fタイプ・クーペ」をワールドプレミア。アルミボディのオープンスポーツ「Fタイプ」に加わった、よりスポーツ度を高めたクローズドバージョン。最高出力550馬力、最大トルク680Nmというパフォーマンスを発揮する5.0リッターV8 スーパーチャージャーエンジンを頂点とした、このクーペが世界で初めて公開されたのです。

jaguar_rover_tms20134

 

事前に公開された写真は、パノラミックガラスルーフ仕様でしたが、ショー会場に置かれたのはホワイトのメタルルーフ仕様。アンベールせずとも伝わってくる、いかにもクーペらしいスタイリングは、そのベールをはがす瞬間のなめらかな動きにも感じられるとことでした。

 

ランドローバー・ディビジョンでは、2代目「レンジローバースポーツ」を日本初公開しています。

jaguar_rover_tms20133

 

こちらも5.0リッターV8スーパーチャージャーエンジン(510馬力)を搭載する俊足SUV。初代モデルに対して、名前に相応しいスポーツ度を増したフロントマスクやルーフラインが、新世代レンジローバーであることをしっかりとアピールする一台です。

そのほか、ジャガー・ブランドでは「XJ」や「XF」といったサルーンを、ランドローバー・ブランドでは9速ATの搭載で話題の「レンジローバーイヴォーク」なども披露されています。

 

■関連記事
【動画】新型レンジローバースポーツ公開間近のティザームービー【ニューヨークオートショー】
https://clicccar.com/2013/03/24/216039/

ジャガーFタイプ・クーペを世界初公開へ【ロサンゼルス・モーターショー2013】
https://clicccar.com/2013/11/07/235327/

ZFブースでは世界最先端「9速AT」の中身が見られる!【東京モーターショー2013】
https://clicccar.com/2013/11/20/237196/

(山本晋也)

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。