日産がEV第2弾「e-NV200」をバルセロナ市に導入!

日産がNY市との独占契約で公式タクシーとして投入する「NV200」の生産が同社のメキシコ工場で開始された話題をお届けしたばかりですが、今回は同車のEV版となる「e-NV200」の話題です。

NISSAN_e_NV200_Concept

「e-NV200」は日産が「NV200」をベースに「リーフ」のパワートレインを移植した同社として2番目となるEVモデル。 2014年に発売予定で、走行時のCO2排出量ゼロを実現しつつ、EVならではの卓越した加速性と静粛性を実現していると言います。

NISSAN_e_NV200_Concept

そして日産はフランクフルトモーターショー2013でスペイン・バルセロナ市向けの同車のタクシー仕様車を初公開しました。 

NISSAN_e_NV200

モーターは最大出力109ps、最大トルク28.6kgmを発生。二次電池は48個のコンパクトなバッテリーモジュールで構成されるリチウムイオンバッテリーを採用。 

同社は2014年半ばから「e-NV200」の生産をスペインのバルセロナ工場で予定しており、ハビエル・トリアス市長とカルロス・ゴーンCEOがバルセロナ市内におけるEVタクシー利用促進に向け、同車をタクシーとして導入する契約を締結。 

NISSAN_e_NV200NISSAN_e_NV200

日産は急速充電器「CHAdeMO」をバルセロナ市内に設置する計画のようで、2014年3月までにヨーロッパ全体に設置される予定の1200基のうちの一部となる予定。 

同市は商品配達へのEV利用を奨励しているそうで、EVタクシーを導入したドライバーに対しても減税などの優遇措置を適用する模様。 

バルセロナ市のハビエル・トリアス市長は今回のEVタクシー導入は2013年11月に同市で開催予定の国際EVシンポジウムに向けた絶好のニュースとしています。 

NISSAN_e_NV200_Concept

日産は1億ユーロを投資して建設したバルセロナ工場で「e-NV200」を大量生産、同プロジェクトを足掛かりに世界中の大都市へに向けて輸出する考えのようです。 

■日産e-NV200 Webサイト
  http://www.env200.com/JP/ 

〔関連記事〕
・日産がNY市とのタクシー独占契約で10月から主流に!
 https://clicccar.com/2013/09/17/231058/ 

・トヨタ「コンフォート」がロンドンタクシー風に変身する !?
 https://clicccar.com/2013/07/16/225280/ 

・ガソリン+ガス+電気の3Wayハイブリッド「プリウスα」タクシー登場 !
 https://clicccar.com/2013/02/10/212315/ 

・消費増税に対応? タクシー「減車」の新法案!
 https://clicccar.com/2013/08/26/228810/ 

・「新」大阪駅ではEV&HVタクシー専用乗り場があるんです
 https://clicccar.com/2011/05/27/26805/

 (Avanti Yasunori) 

【画像ギャラリーをご覧になりたい方はこちら】  https://clicccar.com/?p=231564