スズキからエスクード後継コンセプトがデビュー【フランクフルトモーターショー2013】

いよいよ開幕した2013年フランクフルトモーターショー、スズキは、ジムニーやエスクードといったコンパクトSUVの流れを受けたニューモデルを示唆するコンセプトカー「iV-4」をワールドデビューさせています。

suzuki_iv4_2013iaa011
開発コンセプトは『Grab your field(自分のフィールドをつかもう)』。

あらゆる路面での高いグリップ性能をイメージさせるエクステリアは、そうしたコンセプトに加え、スズキ・コンパクトSUVの伝統と先進性といういくつもの要素をミックスさせたものだといいます。

suzuki_iv4_2013iaa012

気になる4WDシステムは、スズキの次世代4WDシステム「ALLGRIP」を採用。環境性能についてもコンパクトSUVでトップレベルの低CO2排出量を目指しているということです。

現時点では、ディテールがコンセプトカー然としていますが、この「iV-4」をベースとした量産モデルは、2015年に欧州に投入する予定とアナウンスされています。

■関連記事
スズキの新型SUVコンセプトカーは9月のフランクフルトショーで世界初公開【動画】
https://clicccar.com/2013/08/01/226810/

(山本晋也)