えっ? 世界最速のオープンカーはマツダ・ロードスターに決定!? そのワケは?【動画】

カリフォルニアにある海兵隊の基地を使って、ゼロヨン世界最速のオープンカーを決める対決が行われます。スタートラインに並んでいるのは、ロータス、ランボルギーニ、ポルシェ911、コルベット、マスタングといったスーパースポーツカーばかり。そこに、まさかのライトウェイトスポーツカーが加わります。マツダ・MX-5ミアータ(日本名ロードスター)。いや。そりゃ勝てるわけないでしょ。ロータスも無理だと思うけど。

 Fastest_Convertible_01

ところが、ここで運がロードスターに味方をします。スタートの少し前から雷鳴が聞こえていたのですが、なんとグリーンフラッグが振られる直前に大粒の雨が! これはまず屋根を閉めてからスタートしなければいけません!

 Fastest_Convertible_02

形勢逆転! 日本が誇るオープンカー、ロードスターはみるみるルーフが閉まります。そのタイム12.0秒! なみいるスーパースポーツカーを尻目にロードスターが1番手でスタート。つづいてポルシェが、マスタングがスタートしますが、1/4マイルのあいだに逆転は可能なのか? 果たして最初にゴールラインを駆け抜けたのは!?

(まめ蔵)

この記事の著者

まめ蔵

まめ蔵 近影
東京都下の農村(現在は住宅地に変わった)で生まれ育ったフリーライター。昭和40年代中盤生まれで『機動戦士ガンダム』、『キャプテン翼』ブームのまっただ中にいた世代にあたる。趣味はランニング、水泳、サッカー観戦。好きな酒はビール(夏場)、日本酒(秋~春)、ワイン(洋食時)など。苦手な食べ物はほとんどなく、ゲテモノ以外はなんでもいける。所有する乗り物は普通乗用車、大型自動二輪車、原付二種バイク、シティサイクル、一輪車。得意ジャンルは、D1(ドリフト)、チューニングパーツ、極端な機械、サッカー、海外の動画、北多摩の文化など。