ランドローバー・ディフェンダーをベースにした新型EVを公開【画像ギャラリー】

1948年の登場以来、ランドローバーが作り出す「4×4」の中でもタフなモデルがディフェンダーです。日本では現在正規での販売はされていませんが、英国ではディーゼルを搭載した現役モデルで、内装はディスカバリー3に共通する現代的な仕立てになっています。そんなディフェンダーをベースとしたEVの研究車両がジュネーブモーターショーで披露されます。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。