「いつもNAVI」はこれまで「目的地付近」までだったのが「目的地」までしっかりナビゲートするようになった!

スマホ向けナビの定番といえば、ゼンリンデータコムがリリースする「いつもNAVI」ですが、2月4日にバージョンアップ、クルマでの案内が従来の「目的地付近」から「目的地の最寄地点」にまでより細かく設定可能になりました。

「いつもNAVI」は、VICSを使った渋滞表示など多彩な機能が自慢で、クルマだけでなく、徒歩や自転車、「徒歩+電車」など多彩なナビ機能、乗替案内、時刻表検索などが可能な有料アプリ(月額315円)。

ゼンリンが整備した道路ネットワークデータや建物到達地点の整備データを活用することで、より「ドアtoドア」に近い案内ができるようになっています。

なお、対象OSはAndroid2.1以上になります。

■「いつもNAVI」
http://www.its-mo.com/stc/service/

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。