ホンダがカナダで新型コンセプトカー「ギア」をワールドプレミア!【動画】

ホンダが「モントリオール国際オートショー2013」で新型サブコンパクトカー「ギア」のコンセプトモデルをワールドプレミアしました。

主要カーメーカーが、デトロイトオートショーを舞台に新型車を発表する中、何故かカナダで出展されたこのモデル、何やらかなり気になります。

 同車は、現在ホンダが開発中の次期「フィット」より、さらにコンパクトな3ドアハッチバックとなっているようで、小型ながらも十分な車内スペースが確保されている模様。

ホンダによると、「ギア」は都会の1975年~1989年生まれの世代をターゲットにした革新的なモデルで、今後北米に投入を予定しており、コンパクトカー市場に於ける顧客拡大に繋げる考えと言います。 

エクステリアはシンプルで、好感の持てるデザインとなっており、実用性や機能性、カスタマイズ性にも富んでいるようで、「手頃な価格で手に入れられるクルマ」が開発コンセプトとか。 

ホンダ ギア コンセプト

ホンダはスペックや発売時期を含めて未だ詳細を明かしていませんが、日本で発売すればかなりウケそうな予感がするモデル。今後の情報に要注目です。 

■モントリオール国際オートショー2013  Webサイト
http://www.montrealautoshow.com/en/

Avanti Yasunori) 

【写真ギャラリーをご覧になりたい方はこちら】https://clicccar.com/?p=211577

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。