「ONE PIECE(ワンピース)」カーナビが大きくなって新登場

今回で3弾目となる「ワンピースカーナビ」は、昨年4月に第1弾をリリースした際には2万台限定が完売。漫画とアニメの人気の高さを裏付けましたが、第2弾も好調で、シリーズ初の7インチワイドとなる第3弾が発売されました。

価格は3万9800円で「ディノス」のみで販売されます。7インチならではの高い視認性が特徴です

 

商品名は「ワンピースカーナビ 麦わらの一味」で、「dinos(ディノス)」で販売がスタートしています。手がけているのはアニメや声優など多彩なPNDをリリースしているRWCです。ルフィやゾロ、ナミ、ウソップなど9人全員の声優などによるキャラクターボイスを搭載。前作の6倍となる約1000ワードが収録されています。さらに、アニメスタッフによる書き下ろしイラストを9種類表示できるなど、ファンにはたまらない演出も用意。

 

ファンにはうれしい「ワンピ」をイメージした画面。特典として麦わら一味の声が全部集まると、ドライブ中にお宝が出てくるトレジャーハント機能などを搭載しています

地図データはゼンリン製を採用し、住所検索は約3500万件、名称検索は約615万件搭載しています。内蔵メモリーは128MB(RAM)/8GB(ROM)で、ワンセグはもちろん、microSD、microSDHCによる外部メモリーに対応。音楽再生や動画再生、写真表示のほか、FMトランスミッターを搭載しています。

 

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。