欧州風味のおしゃれヴィッツ「ヤリス・トレンド」公開【パリモーターショー】

9月27日からはじまる2012パリモーターショーにおいてオーリスのワゴンボディ「ツーリングスポーツ」をワールドプレミアするトヨタは、ヤリス(日本名:ヴィッツ)のスペシャル・エディション『ヤリス・トレンド』を発表するとアナウンスされていますが、その詳細フォトが公開されました。

 

かの地では”リトルジーニアス”の愛称で呼ばれているというヤリス、パリモーターショーで公開されるスペシャル・エディション「ヤリス・トレンド」のスタイリングで個性をアピールすることにチャレンジしたモデルで、愛車にファッショナブルであることを求める都市部の若者がターゲットといいます。

 

スタイリングではAピラーを残して、ピラー部分をブラックアウトすることで、まるでウインドウがつながっているように見せているのがユニークな点。

またホワイトカラーのボディに合わせて、ヘッドライト内を白くし、またフォグランプをクロームで囲むなどして、眼力をアップしていること。そのヘッドライトから車体後部に向けてボディサイドにデコラインが入っているのもスペシャル・エディションの特徴的なアイテムとなっています。

 

後ろ姿では、ルーフスポイラーを備えたスポーティ性のほか、ハイブリッドスタイルのLEDテールランプとなっているのは、ヤリス・トレンドの特別な装備だとか。

ちなみに、デコラインが備わるのはホワイト、シルバーのボディカラーを選んだときのみということです。

 

 

インテリアも都市系ユーザーにマッチするようなスペシャルバージョンに仕上げられています。

ブラックとホワイトの強烈なコントラストが、その個性をアピールしているよう。またダッシュボードにはエクステリアの特徴でもあるデコラインがあしらわれています。

 

シートは、パールホワイト、レザールクによるスリートーン仕上げで、ヘッドレストに入ったデコラインが、ヤリス・トレンドのシートであることをしっかりと主張しています。

 

この「ヤリス・トレンド」、パリモーターショーで発表された後、2013年早々に欧州で発売予定ということ。日本のヴィッツにも、こうしたユニークなモディファイを受けたスペシャルバージョンを期待したいところです。

 

(山本晋也)

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。