トヨタのRAV4 EVは世界でもっとも空力性能に優れたSUV

テスラとトヨタが共同開発したRAV4 EVについての続報です。

カルフォルニア限定、3年間で2600台の販売目標という、たぶんに試験的なイメージもある電気自動車ですが、販売ディーラーに届き、発売開始となったということです。

いよいよ公道デビューというわけですが、この機会にトヨタからさらなるアピールがありました。

なんと、このRAV4 EVのCd値は0.30で、これはSUVというカテゴリーにおいては世界一のスペックだというのです。

ベースとなったガソリン車のRAV4では0.36というCd値ですが、EV化にあたってフロントバンパー、グリル、サイドミラー、リヤスポイラーなどを専用設計することで、すぐれた空気抵抗係数を実現したということ。

こうした空力性能のおかげでもあって、最高出力115kW(154馬力)のモーターが、0-60mph(約0-96km/h)を7秒(スポーツモード時)で加速させるといいます。

販売ボリュームからしてフリートユーザーがターゲットかと思いきや、バイスプレジデントのビル・フェイ氏によれば『EVエンスージアスト(愛好家)をターゲットとしている』とのこと。

カルフォルニア州の規制に対応するクルマとはいえ、この世界最高水準の空力性能を持つSUVに期待する日本のEVエンスージアストも少なくないのではないでしょうか。 

(山本晋也)