世界を相手に闘うシビック・レースカーがシェイクダウン!

先日、ホンダはレース用4気筒直噴ターボエンジンを公開しました。このエンジンを搭載し、WTCC(世界ツーリングカー選手権)に出場するために開発しているシビック・レースカーがイタリア・ヴァイラノサーキットでシェイクダウン(初走行)を行なったとアナウンスがありました。

フロント・リヤのフェンダーが広げられたスタイリングやエンジンフードの大きなアウトレットが目立ちますが、こうしたボディワークは風洞実験によって導き出されたもので、空気抵抗を抑えているのが特徴。

テストに参加したのは、開発ドライバーのガブリエーレ・タルクィーニ選手と今シーズンの日本ラウンドからシビックを走らせるティアゴ・モンテイロ選手。

まだまだシェイクダウンですが、10月に鈴鹿サーキットで行なわれるWTCC日本ラウンドへ向けて、順調に滑りだしたということです。 

■ホンダWTCC公式サイト
http://www.honda.co.jp/WTCC/

(山本晋也)

【写真ギャラリーをご覧になりたい方はこちら】https://clicccar.com/?p=186622

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事