ホンダが新型の直噴ターボエンジンを公開しました!

ホンダが新しい、1.6リッター4気筒直噴ターボエンジンの姿を公表しました。

といっても、これは今年の日本ラウンドから参加予定のWTCC(世界ツーリングカー選手権)用のレースエンジン「HR412E」の話。

WTCC開発リーダーの堀内大資氏によれば、このHR412Eの開発によってもたらされた技術は
『モータースポーツの現場にとどまらず、市販車エンジンの高効率化や技術発展に必ず貢献してくれるものと確信します』
ということです。

ちなみに、このエンジン名は「HR」が「ホンダレーシング」の意味で、「4」が4気筒、「12」が2012年仕様、そして「E」はエンジンの頭文字に由来するものだそうです。 

直噴エンジンもターボエンジンも市販した経験を持つホンダながら、最近のトレンドである過給ダウンサイジングには距離を置いているようにも見える状況ですが、こうしたレースエンジンでの技術を活かした市販・直噴ターボが登場するのであれば、期待が高まるというホンダファンは少なくないのではないでしょうか。

■ホンダWTCCサイト
http://www.honda.co.jp/WTCC/

(山本晋也) 

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。