【動画】BMWの電動バイクは、満充電から100kmを走るビッグスクーター

BMW iブランドで四輪の電気駆動にアプローチするBMWが、モトラッド(二輪)においても革新的な電動バイクを提案・発表しています。

エンジンモデルの発売も間近なBMWのビッグスクーターですが、電動バイク『BMW C エボリューション』もスクータースタイルを採用しています。その特徴をまとめると、以下の9つ。

1.水冷オルタネータとスイングアーム、歯ベルト​​と遊星歯車を介した革新的な電気駆動

2.最高速度120km/h、航続可能距離100kmを実現

3.定格11 kW、最大35 kWのハイパワーモーター

4.四輪車とシナジーしたシステムによる効率的な充電

5.8kWhの大容量・高電圧バッテリーは革新的な空冷式

6.ABS付きブレーキシステムや軽量タイヤの採用

7.低重心化による機敏なハンドリングを実現するハイブリッドシャーシ

8.多機能TFTメーターやLEDデイタイムランニングライトなどの電装品

9.ユニークなカラーコンセプトとデザイン

外観のイメージはC600などのBMWスクーターと共通ですが、バッテリーケースをメインフレームとしてしまう構造は、エンジンモデルからの発展ではなく、電動専用モデルとして開発されていることが伺えるもの。また四輪車と同じ充電設備が使えるというのもインフラの面で合理的な判断といえそうです。

(山本晋也)

【写真ギャラリーをご覧になりたい方はこちら】https://clicccar.com/?p=183031

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。