コストコのタイヤは安いのか?交換現場に密着してきました。【コストコ タイヤセンター】

クルマの消耗品の中でも、価格の高さがオーナーの頭を悩ますタイヤ。しかしながら、クルマのパーツの中では無くてはならないパーツであり、摩耗したタイヤはスリップやバースト等事故に直接つながってしまう事もあり、疎かにはできません。

それでも1円でも安く交換できればと思うオーナーも少なくないはず。そこで、巷で話題の「コストコタイヤセンター」でのタイヤ交換を取材してきました。

コストコと言えば倉庫のような大きな店舗に、アメリカンサイズの商品が並ぶ会員制のショッピングセンター。

会員になるには身分証明書(運転免許証や健康保険証など)を持参し直接店舗で申し込む事で、その日から買い物を始める事ができます。年会費は個人会員で4,200円。月当たりにすると350円になるので、利用が多い方には元が取れる値段だと思います。本会員と同住所に住む18歳以上の人1名に家族カードも無料で発行されます。

そんなコストコで買い物中にタイヤ交換が出来てしまうのが「コストコタイヤセンター」。今回はBMW E46 M3のフロントタイヤ交換に密着してみました。

BMW E46 M3は前後で違うサイズを履きますが、今回交換するフロントタイヤのサイズは225/45ZR18 銘柄は”ミシュラン PILOT SPORTS 3”。

コストコでの価格は1本あたり、32,000円(税込)。あれ?そんなに安くないと思われる方も多いと思いますが、この価格には取り付け工賃、バランス取りの他、窒素ガス充填、バルブ交換の他、永久パンク修理、永久ローテーション、永久バランス調整も含まれます。

価格的にはネット販売などで安い所を探せば、同じ銘柄のタイヤで交換工賃、バランス取りを含めて5,000円ほど安いお店もありますが、ほとんどの店舗の場合、窒素ガス充填やパンク修理、ローテーションは別料金となっています。逆にタイヤのみで、この価格より高いお店も多数あります。

さらにはお買いもの中にタイヤ交換が終わるというメリットがあり、あらかじめ予約をしておけば作業時間は40分前後。お店の混み具合などにもよりますが、今回の作業では30分弱で終了していました。

4本交換する場合には写真のような4本で4,200円引きとなるクーポン券もあり、上手に利用すればさらに安く交換する事も出来るようです。

今回の取材では、交換がお買いもの中に済んでしまう事やパンク修理や窒素ガス充填など、購入後のアフターサービスも充実している事を実感できました。

タイヤローテーションが無料というのも魅力ですが、取材させて頂いたBMW M3は前後で異なるサイズになる上、パイロットスポーツ3は左右非対称トレッドになる為、残念ながらローテーション無料の恩恵は受ける事が出来ません。

しかしながら、インターネットで格安のタイヤを探し、送料を掛けて自宅に送ってもらい、そのタイヤを持って持ち込みで交換してもらったりする手間を考えたら、コストコでのタイヤ交換はお手軽で安上がりと言えるかもしれません。

特に、すでにコストコの会員になっている方にはおススメだと言えます。

■コストコ Japan
http://www.costco.co.jp/

(井元 貴幸)

 【写真ギャラリーをご覧になりたい方はこちら】https://clicccar.com/?p=165500

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事