「フルゴネットタイプ」ってご存じですか?

フルゴネットタイプのライトバンというのをご存知でしょうか?

簡単にいうと普通乗用車のリアセクションに荷箱をくっつけたタイプの貨物車両で、欧州車によくみられるタイプです。古くはシトロエンの2CVや、ルノー4(キャトル)ベースのものから、

 

その後継のルノー5ベースのエクスプレス、さらにその後継で現在でも大人気のルノー・カングーなどがありますね。

 

残念ながら現在の国産車の中にはラインナップはありませんが、過去にはいくつかのモデルが販売されていました。

恐らく一番人気があったのは「日産・エスカルゴ」ではないでしょうか?こちらは初代パルサーのシャシーをベースに作られた唯一の商用パイクカーで、およそ1万台が販売されました。

■NISSAN HERITAGE COLLECTION S-CARGO
http://nissan-heritage-collection.com/DETAIL/index.php?id=129 

ちなみに2000年までエスカルゴベースのリリーフカーが横浜スタジアムで稼動していたので、記憶にある方もいらっしゃるかもしれませんね。

他にも中古車市場で人気の高い軽自動車の「ダイハツ・ミラウォークスルーバン」や「スズキ・アルトハッスル」。普通車枠の「日産・ADMAX」などもありましたが、残念ながら全て絶版車となってしまっています。
ただ、今軽自動車で人気の「ダイハツ・タント」や「スズキ・パレット」などはこの進化系とも言えるかも?

 

※写真参考:Wikipedia

そんな中、とってもレアなのが「トヨタ・カローラワゴン(バン)」ベースのハイルーフモデルです。
こちらは特装車扱い(TECS)にはなりますが、90系~100系のカローラ(一部スプリンターも)に設定があり、保冷車などのベースにもなりました。乗用モデルもあったのですが、こちらはさらにレアなモデルだと思われます。

■平成6年式 トヨタ カローラ バン ハイルーフ 特装車
http://www.get-v.com/sale_car/1314014383/

ちなみに正式名称は「カローラワゴン(バン)ハイルーフ」ではなく「カローラハイルーフワゴン(バン)」となり、ハイルーフが真ん中に入りますのでご注意を!

(小鮒 康一)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事