【ニューヨークオートショー2012】新型レクサスESデビュー、初のハイブリッドをラインナップ!

ニューヨークオートショーにおいて、新型レクサスESが披露された。

1989年、レクサスの発足時から主力モデルとして認知されてきたESのブランニューモデルだけに、注目度は高いようだ。

基本となるES350は3.5リッターV6エンジンに6速ATを組み合わせたものだが、今回のニュースはレクサスES史上初めてのハイブリッド「ES300hハイブリッド」が用意されたことだろう。

2.5リッターアトキンソンサイクル直列4気筒エンジンにハイブリッドシステムを組み合わせた、このニューモデルは40mpg(約17km/L)のEPA燃費性能を実現するという。

また安全装備の充実も新型ESのトピックス。

パッシブ面では、10エアバッグの搭載は同クラスでは最大、むち打ち傷害軽減フロントシートも採用されている。

アクティブでいえば、ミリ波レーダーを使った衝撃軽減システムPCS(プレ衝突システム)や後方や側面の車両を検知するRCTA、車線逸脱警告機構(LDA)も搭載されるという。

アメリカでの発売は今夏とアナウンスされている。

[関連リンク]
THE ALL-NEW 2013 LEXUS ES. (Lexus USA)

YouTube Preview Image

(山本晋也)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事