アメリカに続いて北京にも2013年型レガシィが出現します

スバルは米国仕様の2013年型レガシィを4月6日より開催されるニューヨーク自動車ショーに出品しますが、4月23日〜5月2日に開催される北京国際モーターショーにも中国仕様の2013年型レガシィを出品することを発表し、4月6日11時よりスバルグローバルサイトに専用サイトを開設。2013年型レガシィのティザー画像をアップしました。

中国仕様は試乗特性を勘案して、圧倒的な存在感を占めるエクステリアデザインを採用し、車高を上げ力強いボリューム感を持たせているそうですが、ティザー画像のセダンを見る限りでは米国仕様のセダンの様な印象を受けます。

スバルグローバルサイトの専用サイトhttp://www.subaru-global.com/ms2012/beijing/)では、今後プレスカンファレンス情報をアップしていくそうです。

(ぬまっち)

この記事の著者

ぬまっち(松沼 猛)

ぬまっち(松沼 猛) 近影
1968年生まれ1993~2013年まで三栄書房に在籍し、自動車誌、二輪誌、モータースポーツ誌、鉄道誌に関わる。2013年に独立。現在は編集プロダクション、ATCの代表取締役。子ども向け鉄道誌鉄おも!の編集長を務める傍ら、自動車誌、バイク誌、鉄道誌、WEB媒体に寄稿している。過去に編集長を務めた雑誌はレーシングオン、WRCプラス、No.1カーガイド、鉄道のテクノロジー、レイル・マガジン。4駆ターボをこよなく愛し、ランエボII、ランエボVを乗り継いで、現在はBL5レガシィB4 GTスペックB(走行18万km!)で各地に出没しています。