ハンガリーの新工場でベンツがコンパクトなクーペを作ると宣言

ハンガリーにメルセデス・ベンツが新設したケチケメート組立工場。

新しいBクラスを生産するという同工場のセレモニーにおいて、ディーター・ツェッチェ ダイムラーAG会長による撃的な発言があった。

「ケチケメートの生産開始に伴い、プレミアムコンパクト・セグメントにおけるメルセデス·ベンツの攻撃はシフトアップしました。さらに多くの顧客が満足するようなメルセデス·ベンツ コンパクトカーの新世代4ドアクーペを、この工場で生産することになるでしょう」

この発言、Bクラスと共通プラットフォームのクーペが派生モデルとして生まれるということだろう、おそらく。

メルセデス・ベンツの4ドアクーペといえば、CLSが思い浮かぶところだが、FF系プラットフォームによるクーペには、どのような名前がつけられるのだろうか。

(山本晋也)

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。