スバル版FT-86、BRZにSTIバージョンが登場?!

各所から情報が漏れ伝わるトヨタFT-86、その兄弟車といえるスバルBRZにはSTIバージョンが用意されていた!

 

 

 

富士重工業は、米国ロサンゼルスで11月16日に開催予定の2011年LAオートショー(11月16日~17日プレスデー、11月18日~27日一般公開)に、世界で初公開となる「SUBARU BRZ CONCEPT – STI – (スバル BRZ コンセプト – STI – )」を出展します。

SUBARU BRZ CONCEPT – STI – は、トヨタ自動車株式会社と共同開発を進めている新型小型FRスポーツカーである「SUBARU BRZ」をベースとしたコンセプトモデルです。スバルのコア技術であるボクサーエンジン(水平対向エンジン)の採用により可能となる、低重心パッケージが実現する「Pure Handling Delight – 新しい次元の運転する愉しさ」を、スバルのパフォーマンスブランドである「STI」をモチーフにさらに磨き上げた、最高のハンドリング性能をイメージしたコンセプトモデルです。

現時点ではショーモデルとしてのコンセプトカーではありますが、公開された後ろ姿だけでも、たしかにSTIバージョンらしい雰囲気がムンムン。

 

ドアノブがなかったり、ドアミラーがカメラタイプだったり、サイドステップが厚かったりというディテールからは、外観だけのイメージコンセプトと思える部分もありますが、前後18インチのタイヤを履いていたり、またリアの対向ブレーキキャリパーからは前後のブレーキが大型になっていると思われたりするあたりは、いかにもSTIバージョンといった走りのレベルアップを予感させます。

 

さらに、おそらくカーボン製と思われるルーフやリアウイングもSTIコンプリートに相応しい装備といえましょう。

 

いずれにせよ基本的な骨格やアウターパネルは生産モデルと共通でしょうから、このコンセプトカーが、実質的なBRZの公開になるわけで、もうすぐに迫ったLAショーがより楽しみになってきました。

 

(山本晋也)