ブルーノ・セナ、ヴィタリー・ペトロフはルノーメガーヌR.S.モナコGPに乗るのー。

ロータスルノーF1チームのドライバー、ヴィタリー・ペトロフ選手、ブルーノ・セナ選手と、ミス・ユニバース・ジャパン代表でモデルの絵美里さん、モータージャーナリストの九島辰也さんのトークショーがおこなわれました。

ルノー・メガーヌR.S.(ルノー・スポール)の特別仕様車メガーヌR.S.モナコGPの発表にあわせて、やって来てくれたようです。

メガーヌR.S.モナコGPは、2リッターツインスクロールターボの250psエンジンを搭載する、オシャレなんだけど、かなりスパルタンなメガーヌR.S.をベースに、街中でもちょいと快適に乗れる足まわり「シャシースポール(R.S.はシャシーカップ)」に替え、レザーシートやBOSEサウンドシステムなどを装備しています。街中で快速でオシャレなクルマ、といえそうです。

それでいてお値段は、ノーマルのメガーヌR.S.の385万円に対し、398万円なので、かなりお得な感じです。

ちなみに、小耳に挟んだ話では、シャシダイにかけて出力を測定すると、290ps近く出てることもあるとか。

これって、ルノーでは様々な条件が「悪い時」を基準にしてカタログの出力値を発表しているからだそうです。

それだけでもお得感もあり、小さめで、速くて、快適なクルマが好きな私としても、スゴく気になる一台です。

ただし、日本ではたったの30台限定だそうなので、欲しい人は全国の「ルノー・スポール スペシャリストディーラー」へ急いだほうがいいです。

 

絵美里さん、おキレイですね。文句の付けようの無い人っているもんなんですね。

 

(小林和久)