VW会長がフランクフルトモーターショーでヒュンダイに覚えた危機感とは!?

スズキとの提携解消の行方が注目されるVWですが、今度はフランクフルトモーターショーでVWのWinterkorn(ヴィンターコルン)会長が ヒュンダイの「i30」を興味深く視察している様子を捉えた動画が話題になっています。ちなみにi30と言えばズバリ、Golfのライバルモデル。

ヒュンダイのブースで足を止めた会長がポケットから携帯用塗膜ゲージを取り出し、何やらバックドア裏の塗料厚さを測定しています。 そして車室内に乗り込み、 設計担当役員のクラウス・ビショフ氏を呼びつけて、ステアリング調整機構の作動音の静かさについて指摘。(何でヒュンダイが出来てうちでできないんだ?)

更には運転席からワイパーが見えない事や終いにはメジャーでAピラーの死角を測定開始。エンジニア出身だけあって、ヒュンダイ車の設計品質が相当気になる様子。

ひょっとすると、世界のVWグループ全社員向けに行なった、世界販売台数でVWを追い上げるヒュンダイへの「危機感演出」、もしくはヒュンダイへの「威嚇」の可能性も無きにしもあらずですが・・・。 本当のところはどうなんでしょうか。

いずれにしても10年位前にモーターショーで逆にヒュンダイがくまなく欧州車をメジャーで測定していた光景が昨日の事のように思い出されます。 時代の変化の早さを伺わせる一幕と言えそうです。

こちらも併せてお読み下さい。 https://clicccar.com/2011/09/15/60918

(Avanti Yasunori )

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事