フォルクスワーゲンの電気自動車がパイクスピークで歴代最速タイムを記録

100年を超える歴史を持つ、アメリカン伝統のモータースポーツイベント「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」が今年も開催されました。パイクスピークと通称されるこのイベントは、大小156個ものコーナーからなる19.99kmの峠道を駆け抜けるタイムアタック大会。

今年の注目は、久しぶりにワークス参戦したフォルクスワーゲンです。しかもマシンは「I.D. R Pikes Peak」なるレース専用のEVを専用に開発。ドライバーは現在、2連覇中のロマン・デュマ選手という勝てる体制。大会前からコースレコード更新が期待されていました。

従来のコースレコードは、2013年にセバスチャン・ローブ選手が、875馬力のモンスターマシン「プジョー208 T16 パイクスピーク」を駆ってたたき出した8分13秒878でした。

はたして、デュマ選手のゴールタイムは7分57秒148。過去最速タイムを更新、初の8分切りを実現したのです。

レコードマシンとなった「I.D. R Pikes Peak」の最高出力は500kW(680PS)であると発表されています。2013年のレコードブレイカー「プジョー208 T16 パイクスピーク」よりパワーが少ないのに記録を更新したのには驚かされますが、ゴール地点の標高が4300mとなっているため上にいくほど空気が薄くなりエンジン車はパワーダウンしていきます。空気密度の影響をそれほど受けない電気自動車のアドバンテージを活かしたニューレコードタイムといえそうです。

しかも、新記録樹立した日は、このマシンの開発をはじめてから250日目だったというのも驚きです。勝てるマシンを短期間で作り上げたフォルクスワーゲンの技術力を、電動化トレンドの拡大に向けて大いにアピールする結果となりました。

(山本晋也)

【関連記事】

F1を超えるハイスペックながらも、性能を追求せず!? パイクスピークに挑戦するフォルクスワーゲンのEVマシンが公開
https://clicccar.com/2018/04/25/582987/

パイクスピークへ万全の体制で臨むフォルクスワーゲン
https://clicccar.com/2018/02/06/556774/

2013年パイクスピークはローブ&プジョーが圧倒的なコースレコードを樹立【動画】
https://clicccar.com/2013/07/11/224886/

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事