20系プリウスを最新のプラグインハイブリッドに! 燃費マニアも注目のキットが発売!

個人的な話から入って恐縮ですが、初代プリウスは発表されてすぐに注文しましたよ。

そうしたら、12月ごろからデリバリーが始まって、翌年の3月に納車となりました。

もちろん値引きはゼロ。しかも、翌月の4月からはグリーン税制かなにかで、多少なりとも税金が安くなったんですが、それにも引っかからず。

まあ、最新のメカに触れて大満足でしたけどね。

今の最新のプリウスといえば、プラグインハイブリッドでしょうか。バッテリーをデカくして、外から充電できるようにしたヤツです。

と、簡単に書いちゃいましたが、実際簡単に「プラグイン化」するキットがあるんです。

こだわりのカーオーディオで有名なビートソニックから、20系プリウスをプラグインハイブリッドにするキット「プラグス40+」が発売されました。

リヤのラゲッジ部分に6.1kW(ノーマルは1.3kW)のニッケル水素バッテリーを搭載し、電気だけで40km走行できるそうです(56km/h定常走行時)。

EVモードでの最高速度は112km/h、もちろん車検もOKで、車検証には「プラグイン・ハイブリッド車」と記載されるそうです。

で、気になるお値段ですが、キット価格が144万9000円(税込み)、取り付け工賃がおよそ15万円くらいとのこと。

電気で走れば経済的ではあるものの、これで元を取るのはまだまだ難しいかな?

けど、やっぱり最新のシステムに乗れるヨロコビ代ということでしょう。

でも、プリウス燃費マニアからはすでに購入した人がいるとか。

彼らは満タンで2000km近くとか走っちゃうようです。

でも、途中で充電ができちゃうと理論上無給油で走れちゃうから、

レギュレーションが必要でしょうか。

プリウスマニアのかた、どうなるのか教えてください!

(小林和久)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事