おすすめ記事一覧

ありえない!ウェイトハンデ88kgのGAINER TANAX GT-Rが鈴鹿1000kmのGT300を制す!【2015SUPER GT】

2015/09/03 20:33 by   イベント, モータースポーツ, エンタメニュース

8月29、30日に鈴鹿サーキットで開催されたSUPER GT第5戦「2015 AUTOBACS SUPER GT Round 5 44th International SUZUKA 1000km」。

シリーズ最長の1000kmというレース距離は、5月の富士の2倍、岡山や菅生、オートポリスの3倍強、そして最終戦もてぎの4倍にもなります。それに伴いシーズンポイントもボーナスポイントが加算され、優勝は25ポイント。全てのチームが勝ちに行きたいというラウンドが鈴鹿なのです。

002

予選は前戦の富士300kmでもQ1トップタイムなど、最近めきめきと速さを見せてきた2号車シンティアム・アップル・ロータスがポールポジションを獲得。1分58秒248というコースレコードでのポールポジションで、マザーシャーシ採用モデルとしてはタイ戦でのVivac86に続き2度目となります。

015

そして予選2位は、なんと88kgというウェイトを積んだ10号車GAINER TANAX GT-R。予選後に千代勝正選手にインタビューしたところ「タイヤがはまったということ以外、全くわからない。とにかく乗れてた」というコメント。

012

そして予選3位は7号車Studie BMW Z4。ここまでが1分58秒台というとんでもないタイム。そして4位に61号車SUBARU BRZ R&D SPORT、5位に88号車マネパ ランボルギーニ GT3が入り、この上位5台が昨年のレコードタイムを上回ったのです。