インプレッサとXVを乗り比べ!同じスバル・ハイブリッドでも走りは全然違う

2013年6月にスバル初のハイブリッド車としてXVハイブリッドが発売されました。デビュー当初のJC08モード燃費は20.0km/Lでしたが、2014年11月の一部改良によって20.4km/Lまで伸びています。

このXVハイブリッドと同じハイブリッドシステムを搭載し、ハイブリッド車第2弾として登場したのが2015年7月に販売開始したインプレッサスポーツハイブリッドです。試乗してみるとこの同じハイブリッドシステムを搭載した2モデルは、大きくキャラクターが異なっていました。

001

2台の違いはずばり「乗り味」です。インプレッサスポーツをベースに最低地上高を200mmと高めたコンパクトSUVのXVハイブリッドは、装着されるタイヤも横浜ゴムのブルーアースというエコタイヤです。このタイヤの特性とクルマのキャラクターに合わせて足回りのセッティングはソフトです。

しかし非常に良く動き、仕事をしてくれるため路面からの衝撃を上手くいなしてくれます。乗り心地重視をした柔らかめの足回りのため、ワインディングなどではややロールが大きくなりますが、高速道路での直進安定性や操縦安定性は抜群です。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事