グッドスマイルレーシングが来期のSUPER GT参戦発表。SUZUKA 10Hへも一番乗りのエントリー!

グッドスマイルレーシングは12月23日、東京秋葉原で2018年度のSUPER GTへの参戦を発表しました。

2017年のSUPER GT、GT300クラスのチャンピオンとなったGOODSMILE RACING & Team UKYO。かねてよりの念願でもあるGT300チャンピオン2連覇を目指すためチームの構成に大きな変更はありません。

エントラント代表は安藝貴範氏、監督は元F1ドライバーの片山右京氏、ドライバーは谷口信輝選手と片岡龍也選手、メンテナンスガレージはRSファイン、参戦マシンは「Mercedes-AMG GT3」を継続。

ただしマシンのゼッケンはGT300のチャンピオンナンバーである「0(ゼロ)」番をつけ、またマシンそのものは2018年仕様のMercedes-AMG GT3を新車で導入するとのことです。

また12月23日は2018年8月に開催される鈴鹿サーキットの新しい耐久レース「SUZUKA 10H」のエントリー開始日ということもあり、即日一番乗りでエントリーしたとの発表もなされました。

SUZUKA 10Hへの参戦ドライバーにはSUPER GTのチャンピオンコンビに加えて、小林可夢偉選手も参加。2017年のスパ・フランコルシャン24時間レースに参戦したドライバー布陣での参戦となり、安藝代表は後述の初音ミクGTプロジェクト10th SEASON GRAND FINALEで「スパでのライバルを日本で迎え撃つ!」と宣言。SUZUKA 10Hへも意欲を燃やします。

また2018シーズンの初音ミクレーシング.ver、通称「レーシングミク」も発表。ライトノベル「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」や「エロマンガ先生」の挿絵で有名な「かんざき ひろ」氏が担当。プロジェクト全体のアートディレクションはキャラクターデザイナー、メカニックデザイナーであり、2014~2017年の初音ミクGTプロジェクト・アートディレクションを手掛けるコヤマシゲト氏が継続となります。

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事