ありえない!ウェイトハンデ88kgのGAINER TANAX GT-Rが鈴鹿1000kmのGT300を制す!【2015SUPER GT】

014

怒涛の追い上げといえば10号車GAINER TANAX GT-R。予選2位のポジションからスタートするもへビーウェットには実は弱いのか、アンドレ・クート選手はジリジリと順位を落とし最初のピットインで千代選手に代わる頃には23位までポジションダウン。そこから千代選手が怒涛の追い上げを見せていきます。

013

千代選手から富田竜一郎選手にドライバーチェンジする際、チームは大きな決断を行います。雨は上がるとの判断からタイヤをスリックにチェンジ。ここから本当の大反撃。

再びクート選手にドライバーチェンジする頃には、富田選手はなんと4位までポジションアップ!

004

そして最後のドライバーチェンジ、クート選手から千代選手に代わってから、我々は信じられない光景を目の当たりにしました。

003

トップのSUBARU BRZ R&D SPORTと2位のStudie BMW Z4が同時にピットイン。そしてほぼ同時にピットアウトするその背後。既に最後のピットインを終えたGAINER TANAX GT-Rの千代選手が迫ってきます。

タイヤの温まっていないBRZ、Z4を難なく抜き去り、首位にたった千代選手。抜かれたZ4も前を走るBRZに襲い掛かり2位に浮上。その後はフィニッシュまで2秒から0.0数秒という接近戦を繰り広げます。

そこにぱらついてきた雨。両車スリックタイヤのまま、西コースは本降り、東コースは霧雨のような状況で激しいバトルを続けます。条件はイーブンとも言える中、びっちりと抑えに抑えた千代選手の粘り勝ちでチェッカーを最初に受けたのはGAINER TANAX GT-R!

016

ウェイトハンデ88kgを積んでの優勝は、ありえない!のひとこと。

同じGT-RのB-MAX NDDP GT-Rが3周遅れの14位ということを考えると、ドライバー、特に千代、富田の両選手の凄さとチーム総合力の差と言えるような気がします。

017

次戦の菅生では138kgというウェイトハンデとなるGAINER TANAX GT-R。果たして強さを見せるのか。それともSutdie BMW Z4が雪辱を果たすのか。

次戦の2015 AUTOBACS SUPER GT Round 6 SUGO GT 300km RACEは9月19、20日の開催です。

(写真:吉見幸夫 文:松永和浩)