米・スバルが「WRX」のスポーティモデル「TR」の登場を予告!

■ライトガンメタル仕上げのホイールと赤いブレンボ製ブレーキキャリパー装備

米・スバルは、フロリダで開催されるスバイフェスト・イベントにて「WRX」のパフォーマンスバリエーションとなる「TR」を世界初公開することを発表するとともに、ティザーイメージを1点公開しました。

スバル WRX TR ティザーイメージ
スバル WRX TR ティザーイメージ

最新世代のWRXは2022年にデビュー。2.4リットル水平対向4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力271psを発揮、6速マニュアルまたはCVTスバル・パフォーマンス・トランスミッションを選択できます。

スバル WRX
スバル WRX

TRは、スバル・モータースポーツのドライバーであるトラビス・パストラーナ氏と、プロスケートボーダーのカリスマ、バッキー・ラセック氏により、開発が進められたモデルだといいます。

また「よりスポーティで、より愛好家を重視した」モデルであると公言、詳細は明らかにされていませんが、ティザーイメージでは、ライトガンメタル仕上げのホイールと赤いブレンボ製ブレーキキャリパーが見てとれます。

2023年のWRXでは、「WRX」「プレミアム」「リミテッド」「GT」 の4つのグレードが存在、最高級のグレードには、コンフォート、ノーマル、スポーツ設定の電子制御ダンパーが装備されています。

現段階で「TR」がどの位置に置かれるか不明ですが、STIバージョンは新世代WRXに導入されておらず、このTRがWRXとSTIのギャップを埋める可能性もありそうです。

WRX TRのワールドプレミアは、2023年10月7日に予定されています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO 近影

APOLLO

アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年には・・・