往年のトヨタ「AE86」がBEVで完全復活。4A-Gのエンジンサウンドも健在

■BEVに生まれ変わったAE86がサーキットで吼えた

BEV仕様(左)とH2仕様(右)のAE86
BEV仕様(左)とH2仕様(右)のAE86

5代目カローラが登場した1983年、セダン系がFFへとスイッチするなか、FRとして独立したAE86型レビン/トレノ。

そんな両車をベースに、トヨタ自動車が「クルマ好きを誰ひとり置いていきたくない」との主旨を掲げ、カーボンニュートラルに配慮したクルマを製作。

先頃開催された東京オートサロン2023に出展して、来場者から大きな注目を集めました。

当時の車体をベースに、最小限の改造で86レビンをBEV(電気自動車)に、86トレノをH2(水素自動車)にそれぞれコンバートしています。

●モーター駆動のレビンにエンジンサウンドを付加

BEV仕様のエンジンルーム
BEV仕様のエンジンルーム

レビン(LEVIN)は英綴りの中に“EV”の2文字が入っていることからBEV仕様にしたそうで、4A-GEエンジンを駆動用モーターとインバーターに換装。

プリウスPHEV用のバッテリーを搭載
プリウスPHEV用のバッテリーを搭載

ラゲッジルームにはプリウスPHEV用のバッテリーを搭載しています。

最大の特徴はBEVでありながらマニュアルミッションを搭載しており、車内にリアルな4A-GEのエンジンサウンドが響き渡るところ。

BEV仕様のAE86(レビン)インテリア
BEV仕様のAE86(レビン)インテリア

もちろん車外からはエンジン音は聞こえませんが、ドライバーは当時のハチロクと同様に、クラッチ&シフト操作をしながらアクセルの踏み込み量に応じたDOHCサウンドに酔いしれることができるというわけです。

開発者によれば、AE86の車重の軽さ、前後の重量バランスを極力維持しつつ、バッテリーEVの特徴である強力なトルクにより、当時のハチロクの走りの楽しさが感じられる車両を目指したそうです。

●トレノは4A-GEを水素エンジン化

H2仕様の4A-GEエンジン
H2仕様の4A-GEエンジン

一方、トレノは実用化を目指して開発中の水素エンジン車で得た知見を活かして、オリジナルの4A-GE(1.6L直4 DOHC16バルブ 130ps/15.2kgm)を水素エンジン化。

H2仕様の4A-GEエンジン搭載風景
H2仕様の4A-GEエンジン搭載風景

音や振動といった内燃機関の持つ魅力を楽しみながら走行できる車両になっています。

ラゲッジルームにMIRAIの高圧水素タンクを2本搭載。そのほかの変更をインジェクターやフューエルデリバリーパイプ、プラグ等に留めるなど、改造規模が最小限に抑えられており、いざとなれば復元も可能だそう。

●両モデルから窺えるトヨタのカーボンニュートラルへの想いは?

新車販売は保有台数の1/20程度に過ぎない
新車販売は保有台数の1/20程度に過ぎない

トヨタによれば、多くの自動車メーカーが2030年~40年頃をターゲットにBEVへのシフトを目指しているものの、新車販売は保有台数の1/20程度に過ぎず、今後発売する新型車をBEV化するだけでは2050年のゼロカーボン達成は不可能。既販車も含めた対応が必要としています。

H2仕様のAE86(トレノ)
H2仕様のAE86(トレノ)

今回の提案はそうした課題に応えようとするもので、アフターパーツメーカーと一体となったカーボンニュートラルへの貢献を目指し、中古シートをリフレッシュしたリユースシート、リサイクル素材を使用したシートベルトやシートベルトパッドなども採用。

2台のコンセプトモデルは、人気のある旧車用コンバージョン・キット販売に向けたGRからの予告ともとれそうで、今後も同社のカーボンニュートラルへの動きから目が離せません。

Avanti Yasunori

【関連記事】

人気のトヨタ「カローラ クロス」が今秋のマイナーチェンジで受注再開へ
https://clicccar.com/2023/03/06/1265687/

水素エンジン開発に本腰のトヨタ。「液体水素」採用で実用化を加速へ
https://clicccar.com/2023/02/27/1264088/

次期トヨタ「カムリ」は本格スポーツセダンになって2023年内に登場?
https://clicccar.com/2023/02/22/1262684/

どうなる? 新型プリウスのSUV版、次期トヨタ「C-HR」導入の行方
https://clicccar.com/2023/02/15/1261247/

新型プリウスのメーターは「操縦桿式ハンドル」を前提に設計されている?
https://clicccar.com/2023/02/10/1259738/

【関連リンク】

GR東京オートサロン2023出展内容
https://toyotagazooracing.com/jp/eventexhibition/tokyoautosalon/

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。