アキュラ・インテグラの高性能モデル「タイプS」がアニメに登場! 巨大フロントスプリッター&ウィングを装備

■「タイプR」からエンジン移植で最高出力300ps以上は確実

ホンダの海外高級ブランド「アキュラ」は現在、5ドアクーペ「インテグラ」に設定される高性能モデル「タイプS」を開発中ですが、その最新ティザームービーが公開されました。

Acura TypeS_003
アキュラ インテグラ タイプS ティザーイメージ

インテグラは、バブル景気の1980年代に日本市場にて人気を得た2ドアクーペ/4ドアハードトップです。2006年に惜しまれつつも日本での販売を終了していましたが、2022年に米国市場で16年ぶりに5ドアスポーツとして「インテグラ」の名を復活させました。

2024-Acura-Integra-Type-S-00001
アキュラ インテグラ タイプS ティザーイメージ

「マルチバース」は、最近のMCU(マーベル)映画でよく耳にするワードですが、簡単にいえば宇宙にある複数のパラレルワールドに同一のものが存在することです。

このアニメでインテグラ タイプSを見ることができるのは、動画37秒から42秒の間。

その5秒間で、アニメ作品『チアキのジャーニー』の主人公・チアキがハンドルを握り、巨大なフロントスプリッターと、大型リアウィングを備えたタイプSがカメラに向かってスピード加速、パイクス・ピーク・インターナショナル ヒルクライムを思い起こさせる山岳コースを駆け上がります。

ベースモデルのパワートレインは「シビック Si」にも搭載されている1.5リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンで、最高出力は203psを発揮します。一方、「タイプS」では2.0リットル直列4気筒ターボチャージャー「VTEC」エンジンを「タイプR」から移植、6速トランスミッションと組み合わせ300psを超えてくることが期待されています。

インテグラ タイプSのワールドプレミアは、今夏に决定しています。

 (APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?