シボレー「ZORA」か?「信じられないほどのパフォーマンスカー!」と豪語する2024年投入の過激2モデル

■「E-Ray」では6.2リットルV型8気筒エンジン+電気モーター搭載

シボレーは、ロサンゼルスモーターショー2022にて最高出力670psの「Z06」を発表したばかりですが、2024年にシボレーバッジを付けた高性能モデル2台を投入することを発表しました。

シボレーコルベット_003
シボレーコルベット E-Ray 市販型プロトタイプ スパイショット

ニューヨーク市で開催されたGMインベスターデーのプレゼンテーションにて、同ブランドのマーク・ロイス社長は、新型モデルの1台は「C8」次期型になると特定。「パフォーマンスに関しては語れない」としましたが、商標登録がすでに確認されている噂の電動モデル「E-Ray」の可能性が高いようです。E-RayはC7のグランドスポーツトリムレベルの間接的な後継車となります。

シボレーコルベット_007
シボレーコルベット E-Ray 市販型プロトタイプ スパイショット

E-Ray市販型には、6.2リットルV型8気筒エンジンに電気モーターを組み合わせ、最高出力650ps・最大トルク678Nmを発揮します。

もう一台のモデルについて、同社長は「シボレーのパフォーマンスの世界基準を設定し、信じられないほどのパフォーマンスカー」と豪語。

こちらは最強モデルZ06の5.5リットルV型8気筒エンジンにモーターを組み合わせ、システム合計最高出力は1000ps・最大トルク1322Nmを叩き出すモンスター「ZORA」と予想されます。

シボレーは、2024年にこの2台のパフォーマンスモデルが発表された後、フルエレクトリッククロスオーバーSUVも計画しており、こちらは2025年以降にワールドプレミアが期待できそうです。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?