BMWが開発中の「M2」「Z4」デザインを、さらに進化させてみた

■BMWであることを明確にしつつ、よりドラマチックなデザインに

BMWはZ4改良型を9月に発表、10月には第2世代となる「M2」を発表したばかりですが、新たに手を加えた新デザインを提案したデザイナーがいます。

BMW M2_001
BMW M2 改良型 予想スケッチ

CGを提供してくれたのは、2013年12月からEVスタートアップ企業「Eivian Automotive」で働く、シニアデザイナーのデビッド・シュナイダー氏です。

同氏はM2新型のデザインをオーバーホールするにあたり、フロントエンドを完全に見直し、BMWであることを容易に識別できるようにしながらも、よりドラマチックなものにすることに成功しました。

最初に行われた変更は、キドニーグリルの隅まで伸びるLEDデイタイムランニングライトを備えた、よりスリムで威嚇的なヘッドライトのデザインです。そのほかグリルをワイド化し、バンバーも新設計、巨大なエアインテークを配置し、シャープで角張ったラインが多数見られます。

側面では、M2新型のフレアになったフロントとリアのホイールアーチは確認できますが、より洗練されたデザインに修正、他の部分と調和させているほか、ドアの下部には際立つキャラクターラインを配置しています。

BMW Z4_002
BMW Z4 改良型 予想スケッチ

Z4改訂版でも、フロントエンドを刷新、内部LEDデイタイムランニングライトを新設計したスポーティなヘッドライト、Mカラーを備え、バンバー下部まで広がるアグレッシブで大胆なキドニーグリルが装備されています。

BMWは斬新なデザインを導入することで注目されるエーカーの1つであり、今後改良型、次世代型でも大胆なデザインが期待できるでしょう。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?