メルセデス・ベンツEクラス次期型、PHEVを初スクープ!これが最新LEDフロントマスクだ

■ハーフカップLEDデイタイムランニングライトのデザインが鮮明に

メルセデス・ベンツは現在、欧州Eセグメント「Eクラス」次期型を開発中ですが、その最新プロトタイプをカメラが捉えました。

メルセデス・ベンツ Eクラス_004
メルセデス・ベンツ Eクラス 次期型 PHEV プロトタイプ スパイショット

ドイツ市街地で捉えたプロトタイプは、サイドパネル及びリアクォーターウインドウ、ボンネットなどのカモフラージュが削ぎ落とされ、プロダクションボディがはじめて露出しています。

メルセデス・ベンツ Eクラス_012
メルセデス・ベンツ Eクラス 次期型 PHEV プロトタイプ スパイショット

さらにフロントエンドでは、ヘッドライト周辺の擬装が外されたことから、下部のハーフカップLEDデイタイムランニングライトのデザインが鮮明に確認できます。

また、大きく際立つシングルバーを備えるグリルは若干、幅がタイトになり、コーナーインテークダクトの輪郭もうっすらとわかります。これは現行型と似ていますが、グリル下のスリムな開口部に接続され、CクラスやEクラスと同様のデザインを共有すると予想されます。

側面では、顕著なホイールアーチ、埋込式ドアハンドルを装備。これまでの後部へ跳ね上がるダミーキャラクターラインは取られて、フラットなラインが露出しているほか、リアフェンダー上部には充電ポートが配置されています。

後部では、より大きなくぼみセクションを特徴とするリフトゲートを装備しているようです。

内部では、「Cクラス」と「Sクラス」新型の影響を大きく受けると予想され、12.3インチのデジタルインストルメントクラスターと、縦型のインフォテインメントシステムを装備。後者のサイズは断定できませんが、Cクラスでは9.5インチと11.9インチのディスプレイを搭載。Sクラスでは12.8インチが搭載されており、Eクラスでも同サイズとなる可能性があります。

予想されるパワートレインの1つは、マイルドハイブリッドテクノロジーを搭載した2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンで、最高出力258ps・最大トルク400Nmを発揮します。そのほか、最高出力320ps・最大トルク520Nmを発揮する3.0リットル直列6気筒ターボチャージャーエンジンの改良バージョンをラインアップ。プラグインハイブリッドでは、システム合計出力313psを発揮すると予想されます。

Eクラス次期型のワールドプレミアは、2023年初頭と思われ、その後高性能AMGバージョンが続くはずです。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?