トヨタ「グランドハイランダー」発売へ! 家族の冒険のための3列大型SUV

■クラウン新型からハイブリッドシステム流用の可能性

開発中と噂されていた、トヨタの大型クロスオーバーSUV「グランドハイランダー」が、いよいよ2023年2月8日(水)にデビューすることが決定。ティザーイメージが初公開されました。

トヨタ グランドハイランダー
トヨタ グランドハイランダー ティザーイメージ

「グランドハイランダー」の名称は、2020年に米国特許庁に商標登録が出されていることで確認されていましたが、今回リリースされたティザーイメージでは、専用の2ストライプLEDテールライトの間に「GRAND HIGHLANDER」の文字が確認できることからも、その存在が確定したといえます。

またテールゲートも新設計されている様子がうかがえ、コンパクトなハイランダーと差別化されています。

トヨタ ハイランダー
トヨタ ハイランダー

トヨタは、新しいグランドハイランダーを「洗練され、広々としていて、パワフル」であり、「究極のロードトリップ車両」と呼んでいると述べているほか、「家族の冒険のために存在し」、トヨタのラインナップへの「完璧なる追加」になると表現しています。

パワートレインは、テールゲートの下に「Hybrid Max」のバッジがあることからも電動モデルであることが濃厚で、クラウン新型から2.4リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンを流用、デュアル電気モーターを搭載し、最高出力345ps・最大トルク542Nmと予想されています。

グランドハイランダーのデビューは2023年2月8で、その後レクサスバージョンとなる「TX」の登場も計画されています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?