藤井マリーさんへの100の質問(その1:RQ活動篇)【The Hundred Questions Vol.001】

■奇跡のボディを持つレースクイーン『藤井マリー』の謎を追え!

fujii_mary
fujii_mary

レースクイーン大賞2021のclicccar賞を受賞した『藤井マリー』さん。砂時計のようなカーヴィーボディと魅惑の微笑みで大人気のレースクイーンです。

そんなマリーさんの素顔に迫るべく、100の質問を用意して撮影&インタビューを敢行! 第1回目はレースクイーン活動について25の質問に答えてもらいました。

垣間見えた素顔は、華やかなイメージとは裏腹な『気骨あふれる仕事人』といったイメージで…。とにかく真摯なマリーさんに注目です!

●レースクイーンというお仕事

fujii_mary
「藤井マリーについて、知りたい?」

まずはレースクイーンのお仕事について。サーキットでの彼女について教えてもらいました。

Q001:レースクイーンになったきっかけは?

タレント志望で事務所に所属していて、オーディションがスケジュールに入っていたんです。「レースクイーンって本当にいるんだ!」くらい(笑)。何も知らない状態だったので、事前にいっぱい調べてオーディションに臨みました。

Q002:初めてレースクイーンとして立ったときの感想は?

ファンの皆様との距離の近さに驚きました。私のサーキットデビューは怪我しちゃった子の代打だったんです。でもファンの方々が「はじめましてだよね?」って、皆さんやさしくしてくれました。「こんなふうに皆さんと話せるんだ!」って楽しかったです。

Q003:レースクイーンとして失敗したことは?

私はわりと臆病で厳重チェックタイプなんです。仕事前はみっちり勉強したり、目覚ましも何個もかけたり。なので、あんまり大きな失敗はないかな。レースデビューの前もマニアックな本を集めてモータースポーツのことをいっぱい勉強しました。

Q004:どんなレースクイーンをめざしていますか?

エロかっこいい? かっこいい感じに振りたいですね!

fujii_mary
目指せ、エロかっこいい!

Q005:好きなコスチュームはある? 他チーム、過去のものを含めて。

3つ挙げていいですか?

・2019年の『muta racing fairies』。ウェットスーツ素材で体のラインに合ったコスチューム。「あそこでマリーちゃんを覚えた」っていろいろな方が言ってくださるので思い出深いです。

・2021年の『ZENTsweeties』。肩がパフスリーブになっていて、今までのレースクイーンの衣装にはないような華やかな形でした。

・2022年の『raffinee Lady』。日本レースクイーン大賞でコスチューム部門でグランプリをいただきました! ファンの皆さんに七変化を楽しんでもらえるコスチュームなんです。

fujii_mary
ポージング、考えます

Q006:レースクイーンのお仕事の中で得意なものは?

ポージングは一番こだわっています。シーズンを通して何回も来てくださるお客様も多いので、毎回同じポーズではなく「この写真を見るとあのレースを思い出すな」と、心に残していただけるポーズをするようにしています。

Q007:レースクイーンをしていて「キャーッ!」となったのは?

レースを始めてみた時は迫力に驚きました!

Q008:想い出のイベントは?

東京オートサロン。サーキット以外でレースクイーン姿でたくさんの人の前に立てるので、広告塔としてすごくやり甲斐があります。たくさんの人にモータースポーツに興味を持っていただける場でもあるのかな、と思っています。

●ファンの皆さんとの交流について知りたい!

ドライバーを日差しから守ったり、ステージに出演したりと多忙なレースクイーン業務。写真撮影に応じるなどのファンサービスも大切なお仕事の1つです。

Q009:レースクイーンをしていて難しいと感じたことは?

難しいわけではないですが、ファンの皆様への対応力が大切だなと思います。

fujii_mary
対応力、大事

Q010:サーキットで何と声をかけられると嬉しいですか?

レース以外のお仕事もチェックしてくださって、コメントをくれたりすると嬉しいですね!

Q011:ファンからかけられて印象に残っている言葉/フレーズは?

「生きてるうちは必ずどこ(のイベントやレース)でも会いに行くよ」という応援の言葉かな?

fujii_mary
オートサロンで待ってまーす!

Q012:RQをしていて大切だと思うことは?

いつも笑顔で挨拶!

Q013:2023年のA-Classメンバーに就任! 意気込みをお願いいたします。

毎年、東京オートサロンには出ていたのですが、まさかA-Classになれるとは思っていなくて、本当に嬉しいです。今までは出展者側のコンパニオンやレースクイーンでしたが、A-Classは東京オートサロンのイメージガールということで、もっと深く東京オートサロンについて学んでPRできたらいいなと思っています!

●レースクイーンの日常ってどんな感じ?

レースクイーンってどんな毎日を送っているの? 日常生活の秘密を探ります!

fujii_mary
ミステリアスな日常!?

Q014:レースクイーンになって変わったことは?

食事制限ですね。胃下垂でお腹が出やすいので、レース前は食べません。

Q015:レースクイーンになって残念なこと

マイナスに感じたことってほんと無いんです。あ! ただ私、アイドルオタクなので、イベントに行けないのはちょっとだけ残念かな? 週末はレースと重なるので。

fujii_mary
サウナ、好き

Q016:レースの前にしていることは?

岩盤浴やサウナに行きます。ボクササイズとか有酸素運動もします。

Q017:地方・遠征先での楽しみは?

食べ物! もう5年続けているので、ご当地ものは食べ尽くしたかな(笑)。

(ちなみにおすすめご当地グルメは?)

大分県のオートポリスでお仕事の時は「居酒屋えふわん」によく行きました。お気に入りです!

●【朗報】藤井マリーさんのモータースポーツ愛がすごい

とにかくレースが大好きというマリーさん。そのモータースポーツ愛についても聞きました!

fujii_mary
シエンタちゃん

Q018:レース観戦は好きですか? どんな瞬間にエキサイトする?

レースクイーンを始める前は何も知らなかった私ですが、今は「モータースポーツ愛がものすごい」レースクイーンなんです。サーキットでは、暇さえあればずっとレースを見ていて一喜一憂しています。チームの予選順位が良くてそのまま決勝でも良いのはもちろん嬉しいですが、予選で苦しんでいて決勝で上位に上がってくる時は「キャー」ってなりますね。

fujii_mary
すごくかわいい

Q019:自動車を見るときはココを見るという場所は?

全体のフォルムを見ます。このシエンタちゃんのフォルムもすごくかわいいです!

Q020:レースにまつわる他の職種でやってみたいものはありますか?

チームオーナー(笑)? 女の子のレーシングチームとかやってみたいですね。

●女の子必見! プロレースクイーンのビューティー講座

最後は、女性の皆様にぜひご一読いただきたい質問事項! 夏の日差しの下でも、寒風吹き荒ぶ中でも輝き続ける秘訣についてうかがいました。ちなみにマリーさんは、もともと化粧品会社に勤務していた美容のプロフェッショナルでもあります。

Q021:とにかく日焼けしやすいサーキット。どんなUV対策をしていますか?

fujii_mary
とにかく保湿

乾いた肌は焼けやすいので、日焼け止めは大前提として、その前に保湿も必ずします。さらに保湿力の高い日焼け止めを使ったり。紫外線はシミやシワにもつながるので、とにかく保湿が大事ですよ!

Q022-023:悪天候の中でも笑顔を絶やさないレースクイーン。アウトドアでも崩れない美容ポイントを教えてください。

〈ヘアスタイル編〉ショートカットなので、一回巻いたらワックスでくしゃくしゃっとして何とかなっちゃうんです(笑)。あとはVO5でカチカチに! パパが使っていて真似しました。

〈メイク編〉まず日焼け止めとファンデーションで崩れにくく、とかではなく。まずは元の肌の水分と油分を整えることが大切! 皮脂が浮くことが減って、崩れにくくなります。メイクのことを考えても一番大事なのはスキンケアです!

fujii_mary
体をズラしたり

Q024-025:他撮りは苦手…という女の子たちに、プロからのアドバイスをお願いします。

〈全身ショット編〉直線よりも曲線! 真っ直ぐ立つよりどこか少し斜めにしたり、横にずらしたり。体の丸みを見せるようにすると綺麗ですよ。

〈顔面アップ編〉盛れない時はクシャッと笑っちゃう!

藤井マリーさんの素顔に迫る100の質問、レースクイーンのお仕事編は以上。なんと、あと75問も残っております! 2、3、4回目も、マリーさんの奇跡のボディとはじける笑顔満載の写真と共にお送りします。お楽しみに!!

(文:くぼき ひろこ/モデル&回答者:藤井マリー/ヘア&メイク:千葉 ちえみ/写真:ダン・アオキ)

この記事の著者

くぼきひろこ

くぼきひろこ 近影
もともと一族郎党モーター好きな家庭に生まれたんですが、なぜか私だけクルマにあまり興味がなく…。偶然のご縁があってクリッカーと関わるようになりました。様々なクルマやその周りの人々と出会いに恵まれ、最近なんとなく「あれ?クルマ、もしかしてすごく好きかも??」そんな思春期のような心持ちです。知識も経験もほぼゼロからスタート。そして今も限りなくゼロに近いですが、クルマ愛の萌芽をたよりに、いつか一番好きなスタイルを見つけられたらと思っています。