速すぎ!フォルクスワーゲン「ゴルフR」に、よりスパルタンなモデルが発売か?

■フォルクスワーゲンは「特別な車」をテスト中と回答

フォルクスワーゲン(VW)のハードコアハッチバック、「ゴルフR」謎のプロトタイプを、カメラが初めて捉えました。

VW ゴルフR_002
VW ゴルフR ハードコア 開発車両 スパイショット

同ブランドは、20周年記念モデル「ゴルフR 20thアニバーサリー・エディション」(欧州市場ではゴルフR 20イヤーズ)を発表したばかりですが、プロトタイプは記念モデルをベースとしており、フロントバンパーにカナードが装着されています。

VW ゴルフR_009
VW ゴルフR ハードコア 開発車両 スパイショット

これはVWが新しいトラックパック、またはさらなる高性能バージョンをテストしていることを示唆しています。

カメラマンがVWの情報網に連絡をとったところ、「特別な」クルマをテストしていることが確認されました。しかし、VWは「アルテオンR」や別の「ゴルフR」など、他にいくつかのRモデルをテストしており、このプロトタイプが本当に特別なモデルであるという確証はありませんが、可能性は高いといいます。

ゴルフR 20thアニバーサリー・エディションのパワートレインには、2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンが搭載されています。全輪駆動システムに動力を送る6速マニュアル、または7速DSGトランスミッションと組み合わされ、最高出力333ps、最大トルク420Nmを発揮しますが、このプロトタイプがさらなる強化モデルならば、最高出力は340ps以上が予想されます。

VWは現在ゴルフ改良型の開発に着手しており、しばらく動向から目が離せません。プロトタイプに関する最新情報が入り次第お伝えしていきます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?