「MITSUBISHI XFC CONCEPT」が世界初公開。アセアン市場の主力モデルとして期待されるコンパクトSUVのコンセプトカー

■アセアン市場からグローバルモデルとしても投入されるコンパクトSUVのコンセプトカー

三菱自動車は、2022年10月19日(水)にコンパクトSUVのコンセプトカー「MITSUBISHI XFC CONCEPT(三菱エックスエフシーコンセプト)」をワールドプレミアしました。同コンセプトカーは、10月26日(水)から30日(日)まで開催される「ベトナムモーターショー2022」に参考出品されます。

三菱エックスエフシーコンセプト
世界初公開されたコンセプトカー「MITSUBISHI XFC CONCEPT」

同社は、アセアン市場に多彩なSUVやピックアップトラックを投入していて、今回世界初公開された「MITSUBISHI XFC CONCEPT」は、アセアンの現行ラインナップにはない待望のコンパクトSUV。

「Best suited buddy for an exciting life(毎日を愉しく過ごすことができる頼もしい相棒)」をコンセプトに掲げています。

三菱エックスエフシーコンセプト
「MITSUBISHI XFC CONCEPT」のリヤビュー

SUVらしい力強く、堂々たるエクステリアデザイン、運転のしやすさや、実用的なラゲッジを備え、クラストップレベルのキャビンなどが強みです。さらに、三菱らしく荒れた路面や激しい降雨による冠水路でも高い走破性を備えた、新世代のコンパクトSUVと位置づけています。

エクステリアデザインは、三菱自動車のデザインフィロソフィーである「Robust & Ingenious」に基づき、コンパクトでありながらSUVらしい力強く堂々とした雰囲気を漂わせています。

フロントのスリーダイヤを起点として、サイドからリヤに流れるように続くスリークなサーフェイスを融合。アセアンの都会に合うスタイリッシュでスポーティな仕立てになっています。

ほかにも、しっかりと確保された最低地上高と大径タイヤによって悪路走破性を高め、堅牢性と敏捷性も表現。アウトドアでも存在感を発揮する、本格的なSUVスタイリングが採用されています。

三菱エックスエフシーコンセプト
「MITSUBISHI XFC CONCEPT」の走行イメージ

具体的にチェックしていくと、フロントマスクは、パフォーマンスとプロテクションが表現された「ダイナミックシールド」が同車のコンセプトに合わせてアップデートされています。

ヘッドライトユニットは、上部のL字型のヘッドライトと下部のスリット状のデイタイムランニングランプが一体化され、T字型に発光させるアイコニックなデザインがワイド感を強調。

ボディサイドは、張りのある豊かな面構成が目を惹きます。そこに、彫刻的な前後フェンダーアーチやキャラクターラインが施され、SUVの力強さや躍動感を表現。また、リヤもフロントと同様、T字型テールランプが用意され、ワイドで安定感のあるリヤビューとなっています。

●コンパクトクラスを超えたキャビンと実用的なラゲッジスペースを用意

インテリアでは、運転のしやすさ、居住性の高さにこだわったとしています。水平基調のインパネデザインにより、前方の視認性を高めるとともに、悪路走行時の車体姿勢の変化がつかみやすくなっているそう。ほかにも、インパネからドアトリムまでつながるダイナミックな造形、ソフト素材で巻かれたパッドを連続させることで、包まれ感も演出されているとのことです。

三菱エックスエフシーコンセプト
「MITSUBISHI XFC CONCEPT」のインパネ

インパネには、フル液晶ドライバーディスプレイとセンターディスプレイが一体化された大型ディスプレイを用意。ナビゲーションや路面状況など運転に必要な情報を3画面で表示可能とするなど、先進性も表現されています。

先述したように、運転のしやすさや、十分な広さを備えたラゲッジも特徴です。

コンパクトSUVでも広いキャビンを実現。とくに、後席の足元スペースが広く、クラストップレベルの快適性を達成しているそうです。また、滑りやすい路面で車両を安定させる制御や上質な乗り心地による快適性も確保され、同社の特徴である高い悪路走破性も担保されています。

三菱エックスエフシーコンセプト
コンパクトSUVを超えた広さを誇るキャビン

高めの最低地上高をはじめ、NORMAL(ノーマル)、WET(ウェット)、GRAVEL(グラベル)、MUD(マッド)の4つのドライブモードにより、多様な天候や路面でも安心、安全にドライブできるとしています。

同車初採用の「ウェット」モードでは、スコールによる冠水路でも安心して走行できるなど、アセアンでの使い方に配慮されています。

三菱自動車の加藤隆雄社長は「新型コンパクトSUVは、2023年度にベトナムを含むアセアン各国に順次投入していきます。将来的には電動車の追加や、アセアン以外の地域にも展開する計画で、アセアン戦略車から世界戦略車になり、販売を牽引するクロスオーバーMPVのエクスパンダーのような主力モデルに育てていきたいと思います」と意欲を表明しています。

(塚田 勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。