新型クラウンの純正ディスプレイオーディオに、走行中のTV視聴、ナビ操作が可能なTV-KITがデータシステムから新登場

■オン、オフが可能な「切り替えタイプ」と純正風スイッチの「ビルトインタイプ」を設定

走行中でも純正ナビゲーションのTV視聴が可能になる「TV-KIT」シリーズを多彩なモデルに向けて用意しているデータシステム。

このほど、話題を集めている新型トヨタ・クラウン向けのTV-KITシリーズを新たに発売しました。新型クラウンに搭載の「12.3インチディスプレイオーディオ(コネクティッドナビ対応)」および「12.3インチディスプレイオーディオ(コネクティッドナビ対応)plus」に適合します。

データシステム TV-KIT
新型クラウン用の「TV-KIT」がデータシステムから新登場

TV-KITの装着により、走行中でもエンタメの王道であるTV視聴が可能になるほか、純正ナビの操作もできるようになります。なお装着は、車両側の配線を傷つけずにすむカプラーオンで完了します。

また、TV-KIT機能のオン、オフが可能になる小型スイッチが付属する切り替えタイプ、純正風スイッチを採用し、インパネに目立たずに装着できるビルトインタイプから選べます。なお、TV-KITが動作中は、ナビの自車位置が不正確になります。TV-KITをオフにすることで、自車位置が補正されます。

データシステム TV-KIT
TV-KITスイッチ

また、DVDを使用するには、純正オプション「CD/DVDデッキ(ディスクプレーヤー)」の装着が必要になります。車両にスペアスイッチホールがない場合、もしくはすでに使用されている場合は、ビルトインタイプの装着はできません。またスペアスイッチホールのサイズも確認する必要があります。

走行中のドライバーのTV視聴やナビの操作はもちろんNGですが、助手席乗員のナビの操作、後席乗員も含めて走行中でもTV視聴が享受できるようになります。

●適合車種:トヨタ・クラウン
●年式:令和4年9月〜
●型式:AZSH35/TZSH35
●価格(税込):TTV430(切り替えタイプ)/TTV430B-D(ビルトインタイプ):各2万1780円

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。