ポルシェとアウディのバッテリーEVに、急速充電器の相互利用が可能になる「プレミアム チャージング アライアンス」がスタート

■両ブランドのディーラーネットワークや、都市部の150kW級出力急速充電器にも利用可能

ポルシェ ジャパンとアウディ ジャパンは、「プレミアム チャージング アライアンス(Premium Charging Alliance)」の運営を2022年10月13日(木)より開始しました。同アライアンスにより、両ブランドが展開する急速充電器をポルシェ、アウディのオーナーが相互利用できることになります。

ポルシェ アウディ
ポルシェ ジャパンとアウディ ジャパンによる「プレミアム チャージング アライアンス」が開始

「プレミアム チャージング アライアンス」は、ポルシェとアウディのバッテリーEVのオーナーに向けて、両ブランドのディーラーネットワーク、都市部に展開されている150kW級出力(2022年秋以降より順次150kWへ切り替え予定)、CHAdeMO(チャデモ)規格の急速充電器ネットワークを統合することで、日本国内の充電サービスを展開する事業です。

ポルシェ アウディ
「ポルシェ ターボチャージャー」

これにより、110拠点121基(2022年12月末時点)の急速充電器をポルシェ、アウディのオーナーが利用可能になります。

急速充電器の「ポルシェ ターボチャージャー」は、先駆的技術のリーダーであるABB社と共同で開発されたもので、パワフルな150kWの出力により、ポルシェ初のフル電動スポーツカー「タイカン」の車載バッテリーを24分で80%(走行距離300km分)充電することができます。

ポルシェ アウディ
「プレミアム チャージング アライアンス」のサービスが開始

日本国内のポルシェセンターのほか、虎ノ門ヒルズ、LINKS UMEDA、あべのハルカス、ヒルトン名古屋、ナゴヤセントラルガーデン、京王プラザホテル、ポルシェの体験型施設ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京を含めると8拠点(14基)が現在稼働しています。

(塚田 勝弘)

【関連リンク】

「プレミアム チャージング アライアンス」公式サイト
https://pcajp.com

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。