スズキの新型「アドレス125」は、丸味あるニューデザインでより街にマッチする原付二種スクーター

■31年の歴史を誇るアドレス・シリーズの最新作

スズキは、快適性と充実した装備を兼ね備える原付二種の新型スクーター「アドレス125」を2022年10月18日(火)に国内発売することを発表しました。

スズキが原付二種スクーターの新型アドレス125発売
アドレス125のダークグリーニッシュブルーメタリック

1991年の「アドレスV100」発売以来、ロングセラーを続けるアドレス・シリーズの最新モデルとなるのが新型アドレス125。

2019年12月よりインド国内で「アクセス125」として販売している最量販車の日本導入モデルで、より丸味を帯びた外観デザインを採用したほか、力強い加速と優れた燃費性能を両立するSEP(スズキ・エコ・パフォーマンス)エンジンを搭載。令和2年排気ガス規制にも適合しています。

また、大容量の左フロントインナーラックの上部にはUSBソケットも採用するなど、利便性が高い装備も満載。通勤・通学、買い物などの普段使いから、ちょっとした遠出まで、幅広い用途に便利な原付二種スクーターです。

●メッキを施したヘッドランプリムも装備

新型アドレス125は、前述の通り、初代モデルが1991年に発売されたアドレスV100の血統を受け継ぐアドレス・シリーズの最新モデルです。

スズキが原付二種スクーターの新型アドレス125発売
アドレス125のマットボルドーレッドメタリック

新型の主な特徴は、まず、街になじむ丸みのあるボディデザインの採用。メッキを施したヘッドランプリムの装備などにより、ちょっとレトロでエレガントな雰囲気も醸し出します。

ヘッドランプやポジションランプ、リヤコンビネーションランプには、LEDタイプを採用することで、高い視認性も実現。車体橫には「Address125」の立体エンブレムも採用することで、上質感も演出します。

スズキが原付二種スクーターの新型アドレス125発売
アドレス125のシート下トランクスペース(写真は欧州仕様)

装備面では、ヘルメットホルダーを2個装備し、ヘルメットなどの収納に便利なシート下トランクスペースを採用。500mlのペットボトルを1本収納可能な左フロントインナーラックには、上部にUSBソケットも装備し、スマートフォンなどの充電も可能です。

また、ハンドル下に買い物に便利なフロントフック、足元には折りたたみ式でコンパクトに収納できるストッパー付きホルダーを搭載するなどで、高い実用性も誇ります。

加えて、スピードメーターにはシンプルで見やすいアナログ式を採用。メーターのまわりにはランプの色で運転状況を知ることができるエコドライブイルミネーションも装備し、走行時に燃費がいい運転状況をしているかどうかが一目で分かります。

ほかにも、シャッター付きキーシリンダーの採用で、鍵穴へのいたずらや盗難を抑止。グラブバーは、車体の取り回し時やタンデムライダーが握りやすい形状とするなど、細部にわたって使い勝手のよさなどを追求しています。

●高い燃費性能と優れた加速力を両立

パワートレインには、124cc・空冷2バルブ単気筒SOHCのSEP(スズキ・エコ・パフォーマンス)エンジンを採用。SEPとは、燃焼効率を上げ、フリクションロスを低減することにより、パワーを落とすことなく、低燃費を実現したスズキ独自のエンジンのこと。

スズキが原付二種スクーターの新型アドレス125発売
アドレス125のパールミラージュホワイト

WMTCモード燃費53.8km/Lという高い燃費性能と、優れた加速力をもったバランスの良いエンジン特性を両立しています。

なお、最高出力8.7ps/6750rpm、最大トルクは1.0kgf-m/5500rpmを発揮。始動方式はキックとセルの併用で、ワンプッシュで始動可能なスズキイージースタートシステムも採用しています。

スズキが原付二種スクーターの新型アドレス125発売
アドレス125のマットブラックメタリックNo.2(サイドビュー)

ほかにも、左ブレーキレバーを握ると、フロントブレーキとリヤブレーキが同時に作動するコンバインドブレーキを搭載し、安定した制動力をサポート。フロントには12インチタイヤを装備するなどで、走行中の高い安定性も実現します。

車体色は、青「ダークグリーニッシュブルーメタリック」、赤「マットボルドーレッドメタリック」、白「パールミラージュホワイト」、黒「マットブラックメタリックNo.2」の4色を設定。

価格(税込)は、27万3900円です。

(文:平塚 直樹

この記事の著者

平塚 直樹

平塚 直樹 近影
自動車系の出版社3社を渡り歩き、流れ流れて今に至る「漂流」系フリーライター。実は、クリッカー運営母体の三栄にも在籍経験があり、10年前のクリッカー「創刊」時は、ちょっとエロい(?)カスタムカー雑誌の編集長をやっておりました。現在は、WEBメディアをメインに紙媒体を少々、クルマ選びやお役立ち情報、自動運転などの最新テクノロジーなどを中心に執筆しています。元々好きなバイクや最近気になるドローンなどにも進出中!