VWゴルフ改良型が来た!大型タッチスクリーンを初激写

■現在型では10インチよりはるかに大きな15インチディスプレイか

フォルクスワーゲン(VW)を代表するハッチバック、「ゴルフ」改良型プロトタイプをカメラが初めて捉えるとともに、その内部を激写しました。

VW ゴルフ_007
VW ゴルフ 改良型プロトタイプ

初代ゴルフは1974年に登場、現行型となる8代目は2019年にデビューしており、これが第8世代にとって初の大幅改良となります。

VW ゴルフ_001
VW ゴルフ 改良型プロトタイプ コックピット

捉えたプロトタイプは、アップデートされたボディパネルを使用していないため、カモフラージュはされておらず、今後改良されたコンポーネントを装備していくと思われます。

最終的にはエアインテークを含むフロント&リアバンパー、グリル、ヘッドライト&テールライトのLEDグラフィックなどが新設計されるはずです。

また、ボディカラーの追加、トリム類のリフレッシュ、新デザインのホイールの提供も予想されます。

キャビン内では、非常に大型のタッチスクリーンを装備、かなり上まで伸びていることがわかります。現在のスクリーンが、ダッシュボードとドライバーズディスプレイが一体化し存在感を放っているのに対し、このスクリーンは大きくて迫力が増しています。

現行型では10インチのディスプレイを搭載していますが、写真のユニットはトゥアレグの15インチのタッチスクリーンに近いように見え、デジタルインストルメントクラスターには、新しいグラフィックが表示される可能性もありそうです。

ディスプレイの下部には、角度の付いたベースで新しいボタンのセットが使用されるようですが、現時点では、タッチセンシティブかアナログかは不明です。また、センターコンソールにはポルシェ911風のDSGギアシフターも確認できるほか、ステアリングホイールも、よりスポーティなデザインに刷新されています。

改良型では、VWグループに広く使用されている「MQB Evo」アーキテクチャーの進化系を採用。パワートレインに関しては、7月に発表された異なる出力の1.5リッターマイルドハイブリッド「TSI Evo2」の追加が期待できるでしょう。

ゴルフ改良型のワールドプレミアは2023年内で、パフォーマンスに重点を置いたGTI、GTD、GTE、およびRバリアントがこれに続くとみられます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?