マツダが健常者とシェアできるMX-30 SeDV、ロードスター SeDVを出展。ドライビングシミュレーターも用意【第49回 国際福祉機器展 H.C.R.2022】

■足の不自由な方にも移動する自由、喜びを提供するSeDV

マツダは、2022年10月5日(水)~7日(金)に東京ビッグサイトで開催される「第49回 国際福祉機器展 H.C.R.2022」の出展概要を明らかにしました。同展は、世界の介護・福祉機器を一堂に集めた国際展示会です。

マツダは、市販車の手動運転装置付き「MAZDA MX-30 Self-empowerment Driving Vehicle(MX-30 SeDV)」「MAZDA ROADSTER Self-empowerment Driving Vehicle(ROADSTER SeDV)」の2台を出展します。

MAZDA MX-30 Self-empowerment Driving Vehicle
MAZDA MX-30 Self-empowerment Driving Vehicleのエクステリア

以前お伝えしたように、SeDVは、足の不自由な方と健常者が1台をシェアできるのが特徴。マツダは、ユーザーが自分の意志で移動したり、行動したりすることをサポートする選択肢のひとつとして、提案している手動運転装置付車です。

MAZDA MX-30 Self-empowerment Driving Vehicle
観音開きドアを使って後席に車いすを積載できる

MX-30 SeDVは、MX-30のコンセプトである「わたしらしく生きる」のもと、ユーザーの夢を応援し、より豊かな人生を過ごせることを目指して開発されています。

運転システムには、手で直感的に加減速を行う「アクセルリング」「レバーブレーキ」が採用され、意のままに操れる手動運転を実現しています。

MAZDA MX-30 Self-empowerment Driving Vehicle
アクセルリングの操作イメージ

また、手動運転とペダルによる運転操作の選択が簡単にできるため、家族や友人と運転を交代したり、1台でシェアしたりするなど、シーンに応じて運転システムを切り替えてドライブできるのが美点です。

ROADSTER SeDVは、マツダが掲げる「人馬一体」の走りを象徴するロードスターを、手動運転操作で楽しめるように開発されています。こちらは、コントロールグリップ、ステアリングノブと乗降用補助シートなどを装備した車両です。

マツダ
ロードスターとMX-30を出展

なお、今回のブースでは、障がいがあってもオシャレをしたいとの想いから誕生したジーンズ「Flying Jeans」のプロジェクトメンバーとSeDVの開発主査による、ものづくりへの想いを披露する特別トークセッションも実施される予定。

そのほか、ドライビングシミュレーターもブースに用意され、新たに採用された運転システムによる操作感を体感できます。両手でハンドルを握って加速する新しい爽快感を味わえるのが特徴で、MX-30のコクピットに、4K映像の美しい体験コースを用意。実車と合わせてチェックすることで、よりSeDVの特性を知ることができます。

●「Flying Jeans × MAZDA特別トークセッション」(予定)
10月5日(水)11:00~、14:00~
10月6日(木)11:00~、14:00~
10月7日(金)11:00~、14:00~

(塚田勝弘)

【関連リンク】

マツダ福祉車両公式ウェブサイト
https://www.mazda.co.jp/cars/welfare/

「第49回 国際福祉機器展 H.C.R.2022」公式ウェブサイト
https://hcr.or.jp/

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。