BMW M2の新型デビューは10月11日が濃厚。最新ティザー動画が公開

■内燃エンジンのみを原動力とするBMW「M」の「終わりの始まり」

BMWが現在開発中のコンパクト・ハードコア2ドアクーペ、新型「M2」が、10月11日にワールドプレミアすることが濃厚であることがわかるとともに、最新ティザーイメージが公開されました。

BMW M2_004
BMW M2 新型プロトタイプ

M2新型(G87)は、電動化をしないパフォーマンス部門の最終モデルで、デビューする10月は内燃エンジンのみを原動力とするBMW「M」の「終わりの始まり」となります。

BMW M2_006
BMW M2 新型プロトタイプ

エクステリアでの差別化は、リアウィング、センター出しエキゾーストシステム、専用ホイール、四角いエアインテーク、水平スラットを備えるキドニーグリルなど。

足回りでは、M4と同じアダプティブダンパー、275/35-19フロントタイヤと、285/30-20リアタイヤを装備。ベースモデルと比較して、フロントとリアのトラックは2.1インチ(5.3センチメートル)広くなります。

市販型は、メキシコのBMWサン・ルイス・ポトシ工場で生産、顧客への最初のデリバリーは2023年春に予定されています。また当面は後輪駆動のセットアップのみを販売、遅れて「xDrive」が提供されると予想されます。

キャビン内は、ベースとなる2シリーズクーペの2023年モデルでは「iDrive8」にすでに切り替えられており、BMWがジャーナリストとの初期テストドライブ用に提供したプロトタイプには、新しいインフォテインメントシステムが搭載されていました。

ボディカラーは、ザントフォールトブルー、および少なくとも3種類のカラー(ブラック サファイア、ブルックリン グレー、トロント レッド)から選択できるという情報が入っています。

BMW M2_003
BMW M2 新型プロトタイプ

パワートレインは、M4からS58エンジンを流用。3.0リットル直列6気筒ツインターボエンジンをデチューンし、6速マニュアルギアボックスまたはオプションの8速オートマチックと組み合わされます。最高出力は410ps〜420ps、M2 コンペティションでは450ps〜470psを発揮すると噂されています。

(APOLLO)

 

この投稿をInstagramで見る

 

BMW M GmbH(@bmwm)がシェアした投稿

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?