アルファロメオが新型スーパーカーを開発中? パワートレインはクアドリフォリオ仕様

■ジュリアから2.9リットルV6エンジンを流用して505馬力

アルファロメオのブランドモデルのフル電動化を前に、ICE搭載最後のスーパーカー発表の準備が整っていることがわかりました。

アルファロメオ GTV_004
アルファロメオ GTV レンディングCG

2018年にアルファロメオは、2022年までに「GTV」と「8C」後継モデルが登場する製品ロードマップを発表しました。ところがFCAの2019年ロードマップにはその2台は含まれず、ジュリアクーペとミッドシップスーパーカーの計画も棚上げされていました。

しかし、Car Magazine誌の調べによると、ブランドが電化される前に、ICEを搭載したエキサイティングなモデルを計画しているといいます。

アルファロメオ GTV_003
アルファロメオ GTV

最新レポートによると、同ブランドでは、2023年初頭にも本格的スーパーカーのデザインスタディを発表、市場の需要が高まれば2025年までに少量生産モデルを発表する計画があるようです。

予想されるスペックは、Quadrifoglio仕様のジュリアとステルヴィオのツインターボ2.9リッターV6エンジンを搭載、最高出力505馬力と最大トルク600Nmを発揮するものです。

また、GTVや8C後継モデルは2024年以降、電動モデルとして復活する可能性があることもわかりました。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?