日産セレナからトヨタ・ノアのOEM版に変わったスズキの新型ミニバン「ランディ」が登場

■ハイブリッド仕様とガソリンエンジン車を設定

スズキのミニバン「ランディ」がフルモデルチェンジを受けました。

供給元が日産(セレナ)からトヨタ(ノア)に変更されたもので、スズキとトヨタの提携の一環になるはずです。新型ランディの発売日は、2022年8月8日(月)。現在、トヨタ・ノアの納期は半年以上となっていて、ミニバン屈指の人気モデルのOEM版になります。

スズキ ランディ
「HYBRID G」の「ホワイトパールクリスタルシャイン」

グレード展開は、7人乗りでハイブリッド車の「HYBRID G」、8人乗りでガソリン車の「G」の2タイプ。「HYBRID G」には、1.8Lエンジンが搭載されたハイブリッドシステムが採用され、スムーズな加速、優れたレスポンスを実現しています。

スズキ ランディ
「HYBRID G」の「スティールブロンドメタリック」

WLTCモード燃費は、23.2km/L(2WD車)の低燃費を誇っています。

「HYBRID G」には4WD、2WDを自動的に切り替える電気式の4WDシステム「E-Four」が搭載され、ガソリンエンジン車も2WD、4WDを設定。

全長4695mm、全幅1730mmの3ナンバーボディに、セカンドシートスライド量を700mm以上が確保されているほか、サードシートは片手でワンタッチ格納できる「ワンタッチホールドシート(5:5分割サードシート)」が採用されるなど、ベース車と同様に、多彩なシートアレンジが可能です。

スズキ ランディ
スズキ・ランディのインパネ

装備も充実しています。両側スライドドアに、リモコンキーを携行している状態でフロントドア下のセンサー部に足先をかざすだけで開閉ができる、ハンズフリーデュアルパワースライドドア(ワンタッチスイッチ、挟み込み防止機構付)をはじめ、バックドアに任意の位置で停められるフリーストップバックドアが採用されるなど、利便性の高い装備が用意されています。

スズキ・ランディ
ランディのシートアレンジのイメージ

先述したように、パワートレインでは、ハイブリッド車とガソリン車の2タイプが設定され、ニーズに応じて選択できます。

先進安全装備も採用されています。車両や歩行者(昼夜)、自転車(昼夜)、自動二輪車(昼)を直進時、交差点右左折時に検知し、衝突警報やプリクラッシュブレーキで衝突回避をサポートするプリクラッシュセーフティなどを含めた予防安全パッケージが設定されています。

スズキ・ランディ
「G」の「ホワイトパールクリスタルシャイン」

なお、新型ランディは、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ワイド」、国土交通省による「ペダル踏み間違い急発進抑制装置(PMPD)認定車」に該当します。

●価格
G(8人乗り/2.0Lガソリン):310万6400円(2WD)、332万7500円(4WD)
HYBRID G(7人乗り/1.8Lハイブリッド):345万700円(2WD)、369万7100円(E-Four)

塚田 勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。