メルセデス・ベンツAクラス AMG A45改良型、リアウイングをつけた本気のプロトタイプ発見

■A35と差別化されるクワッドエキゾーストパイプをインストール

メルセデス・ベンツは現在、主力コンパクト「Aクラス」ファミリーの改良型に着手していますが、その高性能モデル・AMG A45最新プロトタイプをカメラが捉えました。

メルセデス AMG A45_001
メルセデス AMG A45 改良型プロトタイプ

現行型のAMG「A45」は2019年に発売されており、これが3年ぶりの大幅刷新となります。今回の大幅改良されるAクラスAMGでは、「A35」「A45」「A45S」が設定されると思われます。

メルセデス AMG A45_011
メルセデス AMG A45 改良型プロトタイプ

A35では、スラット付き「パナメリカーナグリル」を採用、現行型と差別化されます。

捉えたA45プロトタイプは、新LEDデイタイムランニングライトを備えるヘッドライトが現行型よりスリム化されているほか、大型リアウイングが初めて装備されています。

足回りでは、新デザインのホイールを装着、後部ではA35と差別化されるクワッドエキゾーストパイプをインストールするほか、LEDテールライトのグラフィックが刷新されるはずです。

キャビン内では、アップデートされたMBUXシステムを搭載、インフォテイメントのタッチパッドには削除代わりに追加された収納コンパートメントと新しいカップホルダーが確認できます。改良型では、タッチスクリーン、音声コマンド、またはステアリングホイールのボタンを介してインフォテインメントを操作することになりそうです。

メルセデス AMG A45_009
メルセデス AMG A45 改良型プロトタイプ

パワートレインは、最高出力387psを発揮する2.0リットル直列4気筒「M139」ツインターボエンジンがキャリーオーバーされ、8速デュアルクラッチトランスミッション「8G-DCT」と4MATIC+システムが組み合わされます。

ただし、厳しい排ガス規制に対応するため、より環境性能を高めることに焦点が当てられる可能性があります。また最強モデル「A45S」では最高出力416ps・最大トルク500Nmを発揮、市場で最も強力な4気筒エンジンとみなされています。

AMG A45、およびA45S改良型のデビューは、今後数ヵ月以内と予想されます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?