日産キャラバン「AUTECH」登場、専用フロントマスクと精緻なアルミホイールを装備

■「AUTECH」らしいドットパターンのフロントグリル、青色シグネチャーLED

●オーテック仕様のキャラバンが楽しい

すでに先行サイトがオープンしていた日産キャラバン「AUTECH (オーテック)」が2022年7月7日(木)に発表、同日販売が開始されています。また、「キャラバン」ガソリン車の一部改良に合わせて特別仕様車の「プロスタイル」、車中泊仕様車、「ライフケアビークル(LV)」シリーズ、「ワークユースビークル」シリーズのガソリン車の一部改良も実施され、同日販売がスタートしています。

キャラバン オーテック
キャラバンに加わったAUTECH

はたらくクルマであるキャラバン。トヨタ・ハイエースが最大のライバルで、ハイエースも含めてバンであってもカスタマイズへのニーズは根強く、仕事の道具であるのと同時に、カスタマイズをして楽しんでいる人もよく見かけます。また、商用ではなく乗用としても多くの支持を集めています。

キャラバン オーテック
「AUTECH」共通のドットパターンのフロントグリルを備える

現在の「AUTECH(オーテック)」は、多彩なカスタムカーを送り出してきたオーテックジャパン(現在は、日産モータースポーツ&カスタマイズ )伝統のクラフトマンシップを継承しながら、スポーティかつ大人の高級感を抱かせるブランドになっています。素材などの細部にもこだわりを持つユーザーに向け、プレミアムスポーティをコンセプトとして掲げています。

さらに、「AUTECH」ブランド発祥の地である湘南、茅ヶ崎の「海」と「空」 のイメージからインスピレーションを受けたブルーが同ブランドのアイコニックカラーになっています。

●オーテックらしい外観がカッコイイ

キャラバン オーテック
キャラバン「AUTECH」のリヤビュー

今回、発売されたキャラバン「AUTECH」は、仕事でもオフタイムでもこだわりの一台を求めるニーズに応える仕様で、同モデルの最上級仕様に位置づけられます。キャラバンのダイナミックで力強く存在感あるスタイルに、ディテールまでこだわりの意匠と質感が付与されています。

キャラバン オーテック
キャラバンAUTECHのフロントマスク

外観で目を惹くのは、オーテック共通の顔つきとなるドットパターンのフロントグリル。さらに、ブルーに輝くシグネチャーLED、シルバーのアクセントが特徴のフロントプロテクターが存在感を高めています。

また、アルミホイールの存在感も圧倒的です。緻密に作り込まれたスポークの切削面、センターキャップまわりのブラック基調により、立体感のあるデザインに仕立てられています。キャラバンらしい力強さとハイクオリティを融合させたスタイルが構築されています。

●上質感あふれる内装

キャラバン オーテック
キャラバンAUTECHのインパネ

一方の内装は、シート生地にレザレットを採用。柔らかな手触りで印象的なだけでなく、耐久性や耐水性にも優れています。さらに、オーテックらしく、海面の波の動きをモチーフにした模様も施されています。ほかにも、ステアリングホイールやシート、シフトノブに、同ブランドを象徴するブルーステッチが施されるなど、細部にまで上質な素材が使われています。

キャラバン オーテック
AUTECH専用のアルミホイール

サイドビューやリヤビューに変化をもたらす専用エクステリアパーツがオプション設定されています。エクステリアのみが専用デザインになるグレードも設定されるなど、ユーザーのニーズに応じて選択できるラインナップとなっています。

ボディカラーは、イメージカラーの「ダークブルー」を含めた4色展開。

●福祉車両や保冷バン仕様も設定

車いす仕様車「チェアキャブ」は、ユーザーニーズに応じて「ワンタッチオートスライドドア(助手席側)」が追加設定されています(ディーゼル車にも追加設定)。同装備により、福祉施設や病院などでの送迎時に介助者の負担軽減や作業の効率化を可能にします。

キャラバン オーテック
ブルーに輝くシグネチャーLED、シルバーのアクセントが印象的なフロントプロテクター

また、「ワークユースビークル」シリーズでは、リーズナブルな価格設定とした東光冷熱エンジニアリング製保冷バンが追加設定されています。オプションの「インテリジェントルームミラー」が選択できる仕様になり、バックドアの窓がブラインド加工されていながら、良好な後方視界を確保できるようになっています。こうした仕様でこそ「インテリジェントルームミラー」の利点が最大限発揮できるはず。

さらに、ベース車と同様、「プロスタイル」、「車中泊仕様車」、「ライフケアビークル(LV)」シリーズ、「ワークユースビークル」シリーズでも燃費の性能向上が図られています。上級グレード(バン:プレミアム GX、GRAND プレミアム GX/ワゴン、マイクロバス:GX )には、オーディオ、ハンズフリーフォンコントロール用のステアリングスイッチを追加。また、カップホルダーの形状変更など、使い勝手の向上も盛り込まれています。

●価格帯
「AUTECH(Exterior Selection 含む)」:339万200円〜452万3200円
「プレミアムGX プロスタイル」:313万7200円〜330万5500円
「マルチベッド 」:351万7800円〜371万3600円
「トランスポーター」:337万8100円〜354万6400円
「チェアキャブ 車いす2名仕様」:391万9000円〜429万7000円
「チェアキャブ 車いす1+1名仕様」:393万9000円〜435万7000円
「チェアキャブ 車いす4名仕様 」:443万9000円〜471万6000円
「送迎タイプ」:311万4100円〜410万3000円
「保冷バン (東光冷熱エンジニアリング製) 」:312万7300円

(文:塚田 勝弘/写真:前田 惠介)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。